東京の特注家具・オーダー家具に関するブログです | 東京都文京区で特注家具や修理をお考えならオーダー家具キャビン・インザルームに

CABIN in the room

ビジネスブログ

2019年07月11日 [リフォーム 家具修理]

箪笥リメイク

tannsu
ケヤキ箪笥のリメイクですね。
お客様お手持ちのものに合わせて壁を作っています。

新規で製作している部分はカウンターと
隙間材、戸の一部で、他の部分は
再塗装と箱体自体は補強をしています。

解説以上です。

欅無垢材で作られているので再塗装
するときれいになりますね。ただ年月が
経っていると箱体自体は結構歪む
ので開きにくくなったりします。

あと金具は新規で近いものを選んで
抽斗は割れている部分が多いので
製作か補強をしています。

そういえば「抽斗」はひきだしと読みます。
普段は引出と書いていますが昔の人は
こう書くことも多いですね。意味は
抽出の抽に斗(ます)なので枡形の
ものをはまっている状態からひきだす。
という感じで、まあ引出と同じ意味ですね。
一応私の修業時代の先生からは
中国語が由来なのでスライドレールを
使わない伝統的なものを製作している
人はこの字を充てることが多いと聞いています。

まあ私は洋家具がメインなので普通に
引出と書きますが桐箪笥とかの図面
提出の時は抽斗と書くときはあります。
あとお客様が抽斗と書いたとき読めないと
ちょっと恥ずかしいので忘れないように
たまに書くというのもありますね。

PageTop