東京の特注家具・オーダー家具に関するブログです | 東京都文京区で特注家具・家具修理をお考えならキャビン・インザルームにお任せください。

CABIN in the room

ビジネスブログ

2018年09月20日 [東京 特注家具]

ウォルナットオーダー飾り棚

主要材ウォルナット板目横目
ウレタン着色塗装
ウォルナットウッドタイル
飾り棚
ウォルナットの飾り棚です。
横にウォルナットのローボードがあるので
それに合わせ地袋を製作しています。
高さ、奥行、板厚、木目、仕上げなど
この場合は似た化粧版探すのは
難しいので天然材で色合わせになります。

飾り棚の方はガラス扉に可動のガラス棚
ガラス扉は鍵付で耐震用になっていて、
ガラス棚は可動棚にして、高さ調整が
多少きくようにできています。

照明はLEDのダウンライトで電球色
お部屋全体としてはウォルナットと
エコカラットが多くなっているため、
背面はウッドタイルにして部屋全体の
アクセントになっています。

以上解説でした。
ウッドタイルを背中にしているのは
けっこう珍しいのではないかなと思います。
重厚感が出ている気がしますね。

通常背中を板にするかミラーにするかは
飾るものによって変わります。
飾るものの背面を見せる必要がないもの
たとえば写真や楯なんかですね。
こういうのは板貼りの方が見えなくていいです。

逆に見せたいものというと
工芸品や芸術品、ガラス製品などは
ミラーがあった方がきれいにうつります。

お酒やカップ&ソーサー、フィギュア
思い出の品などはお好みよります。
お部屋に合うかどうかも大事なので
飾るのはなかなか難しいですよね。

PageTop