東京の特注家具・オーダー家具に関するブログです | 東京都文京区で特注家具・家具修理をお考えならキャビン・インザルームにお任せください。

CABIN in the room

ビジネスブログ

2018年10月19日 [東京 特注家具]
主要材メラミン化粧版
terebi
turi1
turi2
メラミン化粧版のテレビボードと
吊り棚2本です。
吊り棚は内部が可動棚になっていて
耐震ラッチとソフトダウンステーという
ゆっくり閉まる金物が入っています。

テレビボード地袋は下が引出になっていて
DVDなどソフト類が入るようになっています。
引出とガラス部分が一体になっており、
デッキは引出を引いて使うようになります。
これをすることですっきりした見た目に
なっているかと思います。
その下はコンセント付です。

吊り棚は側面にコンセントが入っていて
中は食器棚として使用で
スモークガラスなので少し暗くなっています。

右側はロッカーで鍵付です。内部は
引出やハンガー用のパイプがついています。

解説以上です。



2018年10月06日 [東京 特注家具]
主要材 ウォルナット柾目横目&MDF
塗装セラウッド塗装滑り止め入り&塗りつぶし
ウッドタイル、特殊ガラス、スピーカーネット
terebi
ウォルナットのテレビボードです。
テレビボードのトップ部分で床と
同じ高さに持ってきているので
両サイドにステップをつけています。
蹴込の部分は黒の塗りつぶしで
踏み板の部分はウォルナットに
滑り止めの塗装をしています。
ちなみに見えませんがコンセントが
それぞれついています。

それぞれ長さが違うのは最終的に
変形のソファーがくるからで逆算して
この長さにしています。

テレビボードの部分は右から引出2杯、
下の部分はソフト類入るようになっていて
上は高さ3センチ程度の有効です。

隣の2枚がデッキ類で可動棚が各一枚
ガラスは特殊なものでガラスを切った部分
が黒のガラスを溶かして塗っているものに
なっています。

その隣がウーファーを入れる部分で
前面がスピーカーネットになっています。

以上解説でした。
床の部分の基準高さをフロアレベルと
呼ぶのですが、その部分よりも下げて
シアター空間を作っていますね。

床のレベルを下げることでウッドタイルの
長さが増え天井が高く見える効果もあります。



2018年09月25日 [東京 特注家具]
主要材ウォルナット板目横目
ウレタン着色塗装
LED照明
terebi
ウォルナットのテレビボードです。
床はクリの着色なのですが
クリは使わずウォルナットで
色を合わせています。

両サイドは収納で扉付。
その隣は飾り棚で、ガラス棚と
枠付きのガラス扉、上は照明付に
なっています。照明はLEDです。
その奥は照明ボックスになっていて
手前に乳白色のアクリルパネルを
取り付けています。

その下は引出でソフト類が入る
有効高を確保しています。

その横が扉で可動棚が一枚
中央は上から下に開く扉になっています。
中に仕切りがあって可動棚が一枚です。

解説以上です。



2018年09月20日 [東京 特注家具]
主要材ウォルナット板目横目
ウレタン着色塗装
ウォルナットウッドタイル
飾り棚
ウォルナットの飾り棚です。
横にウォルナットのローボードがあるので
それに合わせ地袋を製作しています。
高さ、奥行、板厚、木目、仕上げなど
この場合は似た化粧版探すのは
難しいので天然材で色合わせになります。

飾り棚の方はガラス扉に可動のガラス棚
ガラス扉は鍵付で耐震用になっていて、
ガラス棚は可動棚にして、高さ調整が
多少きくようにできています。

照明はLEDのダウンライトで電球色
お部屋全体としてはウォルナットと
エコカラットが多くなっているため、
背面はウッドタイルにして部屋全体の
アクセントになっています。

以上解説でした。
ウッドタイルを背中にしているのは
けっこう珍しいのではないかなと思います。
重厚感が出ている気がしますね。

通常背中を板にするかミラーにするかは
飾るものによって変わります。
飾るものの背面を見せる必要がないもの
たとえば写真や楯なんかですね。
こういうのは板貼りの方が見えなくていいです。

逆に見せたいものというと
工芸品や芸術品、ガラス製品などは
ミラーがあった方がきれいにうつります。

お酒やカップ&ソーサー、フィギュア
思い出の品などはお好みよります。
お部屋に合うかどうかも大事なので
飾るのはなかなか難しいですよね。

2018年09月06日 [東京 特注家具]
主要材オーク柾目
塗装着色ウレタン塗装
ブラックガラス、メラミン
terebi
オークのテレビボードです。
写真だとほぼ真っ黒なのですが
実際は近くによると木目が見えます。

天板(カウンター)と本体の間は
少し開いているのですが、これは
スピーカーが入るようになっています。
奥にコードマネージャーの穴が
開いているのがわかるかと思います。

中央がデッキ類で正面はブラックガラス、
左右は引出になっています。

全体的にソリッドなデザインで
テレビやスピーカーなどが入った時に
見た目よくなるようになっています。

以上解説でした。

今回のオークについてちょっという前に

オークを日本の名前でいうと
ナラ(楢)なのですが,
カシ(樫)と言われることがあります。

実際は楢も樫もブナ科コナラ属で
両方とも英語にするとオークですが
ヨーロッパだと樫をオークと訳することが
あるためにそう思っている方が
多いのではないかと思いますが、
実際に日本の建築や家具に
使用されるのはナラになります。

でオークは関東で好まれる天然材の中では
比較的お手頃な価格帯になります。

これは単純に建築に適した材料で
古くから多く栽培されているためで
価格が安定しているということですね。
安いから悪いというわけではないです。

木目も綺麗ですし強度や粘りもあるので
椅子など細くしても折れにくく加工も
しやすいです。

また黒の着色がきれいに乗りやすい
という利点もあり今回採用しました。
材料によっては白が乗りやすい材料、
赤が乗りやすい材料、
クリア塗装でないとムラが出る材料など
いろいろありますので、状況によって
材料を提案させていただいています。

2018年08月28日 [東京 特注家具]
ミラー面取り
mira-mira-2

追加で取り付けることの多い
オーダーミラーについてちょっと

弊舗ではミラーは接着剤で止めていて、
ミラーは通常品と美容室などで使用する
高透明品があります。
またミラー自体もカットした面取りミラーや
一部フロストミラーにしたりガラスにしたり
などいろいろ選べます。

サイズも店舗で使用するものまであるので
ダンススタジオで貼ったものが大きかったですかね。
1mx3mとか。

ミラーのサイズなのですが幅は30pぐらいあると
たいていの人は全身映ります。
体型関係なくだいたいいけると思います。

ちなみにオーダーミラーが追加なのは
施工費がかかるので他付けるときに
これがあると実質施工費かからないためですね。

扉につけたり壁につけたりしてます。



2018年08月28日 [東京 特注家具]
主要材チェリー板目
塗装ウレタン塗装
tyeri-
施設の子供用待機場所で,床がチェリー
なのでそれに合わせて小上がりという少し
上がったところを作っています。

入口の部分はメープルの無垢材を使用して
写真ではわかりづらいですがかなり丸めています。

色が違って見えますがチェリーは日に焼けると
半年ぐらいでかなり赤くなってきますので
これも一年ぐらいするとだいたい同じぐらいの
色になるのではないかと思います。

先に塗ってもいいんですがパーテーションは
床に合わせて着色で小上がりの部分はクリアの
無垢材で製作しています。ちなみになぜ
入口だけメープルかというと段差があるという
ことをわかりやすくするためです。
つまづき防止ですね。

以上解説でした。

目が不自由な方や高齢者ではないと
わかりにくいと思いますが色の差というのは
知識がないとなかなか普段認識しづらいこと
があって、床と壁の区別をつけるため施設
などでははっきり色を変える必要があります。

ここでも壁にグレーのソフト巾木がまわって
いますがこれは車いすとか当たっても壁を
傷めないためと床と壁の場所を明確にする
ためにしています。老人ホームとかで
この辺りが派手なのはそういう意味もあるんですね。

なので腰壁という壁の一部に板を貼るときに
同色にするとぶつかる方もいるそうです。
kosikabeとは言え大正風やクラシックなものをお望みでしたら同色の腰壁はとてもいいと思います。

2018年08月06日 [東京 特注家具]
組子の建具です。
tategu詳細後日します。
お盆前まで立て込んでいて反応遅くて申し訳ございません。
明日はもしかしたらお店休むかもしれませんのでご来店の方お電話ください。
各担当にはつながりますのでよろしくお願いします。

8/28追記解説です。

主要材ハードメープルウレタン
塗装クリア
組子材ベイヒバ

組子建具で、模様は麻の葉麻の葉は
魔除けの意味があり、産着などで見た方も
多いのではないかと思います。

組子はほこりが入りやすいので前後に
ポリカーボネートが貼ってあります。

また上のレールなのですが埋め込みにしてあり、
珍しい仕上げになってるかと思います。
通常この仕上げにするにはソフトクローズという
ゆっくり閉まる仕上げにしなければあるのですが
これはソフトクローズなので天井の下地も
製作して取り付けました。

以上解説でした。

2018年07月23日 [東京 特注家具]
主要材オーク柾目
着色ウレタン塗装
床ヘリンボーン貼
kazaridana解説後日書きます
明日7/24火曜は14時ごろ閉店にさせていただきます。
担当者には電話つながりますのでよろしくお願いいたします。

8/28追記解説です。
オーク柾目で製作した飾り棚で全て固定棚になっています。
このつくりにすると通常は横に補強が必要なのですが
これには入っていないように見えるかと思います。

実際は背中も家具で製作していて家具の
背中に壁紙を貼っています。また棚板を
固定にしているのは見た目を重視してのことで、
棚ダボをつける必要がなくなります。
融通が利かなくなると思われるかもしれませんが、
逆に言うとここに合う物しか買わないという
制約がある分きれいに飾れるということもあります。

以上解説でした。

床についてちょっと、
この貼り方はヘリンボーン貼りと言います。
ニシンの骨という意味で、イギリスの伝統的な貼り方です。
ちなみに日本だと同じ柄は矢筈模様と呼ばれることが多いです。

2018年07月15日 [東京 特注家具]
主要材チェリー板目ウレタン塗装人工大理石 ホワイト背面ウッドタイルuketuke解説後程7/16は予約の方のみで店舗は閉まっていると思いますのでよろしくお願いいたします。追記の解説です。チェリーで製作していてカウンター部分は人工大理石です。右側はオープンの本棚になっていて収納というより雑誌などを飾る用のもので、見たことある方も多いのではないかと思います。そして左側が受付カウンター同じようにカウンターは人工大理石でできています。その下にあるのはバッグ置きですね。それでその下が収納になります。ここは見えませんが鍵付になっています。解説でした。このところ納品というより打ち合わせと図面描くのが立て込んでいて全然更新していませんでしたね。その前は結構遠くに納品したりしていたのでしばらく事務所いかなかったり。先月今月は写真撮れないところが多かったです。ここは大丈夫かと思うのですが写さない方がいいだろうなというところは当然あります。

PageTop