東京の特注家具・オーダー家具に関するブログです | 東京都文京区で特注家具・家具修理をお考えならキャビン・インザルームにお任せください。

CABIN in the room

ビジネスブログ

2018年02月18日 [東京 特注家具]
メラミンとシートのチーク柄木目です。
壁面収納で扉閉めた時には基本的に
メラミンになっていますがガラスの部分は
内部シートになっています。
si-to

配線中のものですが

上段は木扉(もくとびら)で棚板と
耐震ラッチはついています。側面には
配線用の穴が開いているのでコードが通ります。

中段は框付(かまちつき)ガラス扉です。
耐震ラッチがついています。
中央は扉なしのオープンです。
可動棚になっていて中央は器具類が入ります。
両脇は隙間材大きいと思うかもしれませんが
配線スペースになっているので前面から
開いて配線できるようになっています。

下段の地袋は木扉で可動棚付
テレビの下の部分は配線スペースになるように
加工されています。

そしてその下のダイワの部分も配スペースに
なっています。配線ピットは作っていないので
ここがメインの配線場所ですね。大きさは
充分だと思います。

以上解説でした。

このところ家具の写真も施工例も全然
更新していなかったのですが少し時間が
できてようやくブログだけは更新できました。

そもそも写真撮ってないとかもあるんですが
写真は重くならないようにとか場所の特定とか
個人情報的なもの消したりとかの加工や
載せていいかどうかの部分があったりします。
自分で取付しているので文章だけなら
さっさと書けるんですが写真ついてないと意味ないですからね。


2018年01月18日 [東京 特注家具]
ウォルナットのオーダー品です。
仏壇、本棚、デスクです。
butudan
desk

例年ですと年明け暇なことが多いのですが
年末のお仕事年明けにできるやつを
ずらさせてもらっていたら結局工事多くなって
しまいまして今ちょっと多忙なのでそのうち
解説載せます。

2018年01月07日 [東京 特注家具]
ハウスメーカー様分でちょっと写真載せられないので一部だけ
ti-ku

主要材チーク
下駄箱&クローゼット収納
wで5000ぐらいでh2500
照明が下についています。

全て引き戸で4枚の大引戸。引戸自体は
閉じた時にすべてフラットになるフルフラットに
していて引手は掘り込みになっています。

内部は同色シートですがこれは汚れた時に
掃除をしやすくしているためです。靴関係を
収納する部分のほかに、靴墨やちょっとした
物を入れる用の引出箱もついていて一部は
鍵付になっています。

そのほかにはセコムなどの器具類やコート
などを掛けるところ傘を入れるところなどが
ついていて扉を閉めた状態で余分なところ
が見えないようになっています。

以上解説でした。

実際写真で見るときれいなんですが
事情があって拡大した部分の写真のみ
にしています。写真の部分は扉が開いた
時の内部ですね。引出箱とかいろいろ
見えてます。

昨日はちょっと年末納めた部分で変更が
あったのでちょっと一部引き上げに行ったり
採寸に行ったりしてました。年内納めたのは
追加分とか時間あったらと言われていた
ものは全部後回しにさせてもらっていたの
ですがそれでもあんまり終わらなかったです。

年末ちょっと体調崩していたので更新も
できずでした。今年は初詣に湯島天神
にいって、おみくじが大吉だったのでいいこと
あるといいなと思っています。


2017年12月24日 [東京 特注家具]
いつも御贔屓にしていただき
ありがとうございます。
年末は28日まで営業しております。
各担当には29日まで電話つながります。

フルオーダーとイージーオーダー

昔は造作家具と言われ現場で作って
いたのですが、それから特別注文家具、
いわゆる特注家具屋と呼ばれました。
今はオーダー家具という呼ばれ方が
主流かと思うのですが、
昔イージーオーダー・オーダーメイドと
呼ばれていたものも今では一緒に
オーダー家具と言われてます。


イージーオーダー家具の多くは
扉をメラミン材
箱はオレフィンシート、主に単色
キッチンカウンターには人工大理石
隙間材は入れず取付しないこともある

基本的にこの枠からは出ないみたいです。
このことが納品時にお客様が認識していなく
よそ様の家具の改修を何度かしたことがあります。

とはいえ費用対効果を考えてのこの提案は
うちでも近いやり方でたまにやります。
キッチンまわりや壁面収納とかだと多いですね。
o-de2
o-da-
イージーオーダーのお店だと
天然材・新素材・異素材・水回り・
椅子・框扉・変形・建具などはやらないようです。

フルオーダーについて
ビスポークスタイルと言ったほうが
正しいのかも知れないですが
まああんまり一般的じゃないみたいなので
和製英語のフルオーダーにしています。
ただイージーオーダーとビスポークでは
スーツと同じで出発地点と目的が違っています。

私が提案する時には

古人の跡を求めず古人の求めたるところを求めよ

万人の残す万丈の轍は万の尺度を以て是を測る

というのを心に留め描いています。
お客様の言った内容通りのものを
ベースで作図しますが、お客様が予算内で
最も満足していただける提案は何かを
探しながらのご提案を心がけています。
なので今でも提案する時と納品の時は怖いです。
畏れというよりやっぱり恐怖に近いですね。

またちょっと話変わりますが
私は大学出てから施工始めたので
もう16年ぐらい現場施工しています。
住宅展示場・商業施設・複合ビル
マンション・公館・寺社に、もちろん
一般住宅をやってきました。
結構経験豊富なほうだと思います。

なので基本的にプロとの仕事が多く
結果で考えれば金額と品質は
社会的には釣り合っていると思っています。

またやはりそういう仕事もしている
だけありいろいろやってきましたので
弊店ではキッチン・建具・階段・手すり・
間仕切り・隠し部屋・桐箪笥・仏壇・
暖炉・壁・椅子・ソファや特注小物
なども
やってきましたし施工の方法や
それに使用する部材もプロからリピートを
いただける程度の提案と品質だと思っています。


danro
isu
kagu
sofa
贅沢品と思ってオーダー家具考える方も
必要に迫られ楽に生活できるようにと考える方も
え?家具って普通は特注じゃないの?と思っている方も
次につなげるために残そうと決めた方も
ご満足いただけるようにお客様をよく見て
自由に提案し満足していただける商品を
提供できる会社を続けていきたいと思います。

というわけで差別化でフルオーダーという
言葉をCMで使っていますがお気になさらず。
イージーオーダーに近いやり方もやってます。

お気軽にいろいろご相談ください。

2017年12月24日 [東京 特注家具]
オーダーでテレビボード製作いたしました。
ハウスメーカー様分ウォルナットとMDF
テレビ
ウォルナットと塗りつぶしのツートーンで、
黒の塗りつぶしの方はMDFで製作
しています。単色であればポリバンとか
の方が安く済むのですが、お部屋の
感じからしても塗装の方がいいだろう
ということでMDFという下地材に
黒く塗装しています。

引出が4杯にその上はデッキ類が
入るようにしています。上から開く
タイプなので横長にしても大丈夫で、
側面は熱逃げをいれて、上も熱逃げと
配線通るようになっています。
引出の下にも配線の穴が開いていますが
これはスピーカー類が通る穴になっています。

解説でした。

ちょっと背が高いのは理由がありまして
この上にはスクリーンが下りるようになっています。
というわけでスクリーン下りて映画とか
観るとき以外はテレビを使うと思うので
ちょっと高めなんですね。
ヨーロッパタイプだと背が高いテレビボードは
ありますが日本だと背が低いのが
一般的かなと思います。
ツートーン好きなのでウォルナットと
ブラックの組み合わせはテレビ入れた時
とてもいいんじゃないかと思います。


2017年12月19日 [東京 特注家具]
ウォルナットで本棚などを製作しました。
材料はウォルナットなど。
hon
写真は本棚です。
材料はウォルナット柾目
オープンの普通のタイプですが
方立(ほうだて)という立ての木部に
溝を入れて重厚感が出るようになっています。

解説でした。

写真は本棚だけですがこの部分に
なんで重厚感が必要かというとここの
部屋は他にもデスクと本棚まだつけていまして
その部分がかなり多いんですね。
で、まあその部分は写真撮るの忘れてしまったんですが
なんでこの部分だけ撮っていたかというと
見ての通りなのですが天井が母屋下がりに
なっていて壁紙がまだなのでこのあたりが
貼れるかどうか他のところに伝達してなんです。
工期早いので最初つけてと言われて
たんですが、どう考えてもうち無い方が
全体の作業短いだろうということで
吊った状態で写真撮ってました。

あとひっそりなんちゃって隠し部屋作って
いるのですが面白いのでこれは
写真に撮っています。載せられないですね。
まあ隠し部屋でも通気と間接照明とかは
通じているので違法的な部分はなくて
話し声とかもよく聞こえるし鍵もないしで
健全な感じです。ただ隠し扉の役割を
するものがおもしろいのでお客様みんなに
自慢するんじゃないかと思っています。

2017年12月18日 [東京 特注家具]
MDFの塗りつぶしでの壁面収納です。
ハウスメーカー様分。
MDF
塗りつぶしのホワイトで製作しています。
左側はオープン棚で固定になっています。
固定にすると棚ダボが見えずにすっきりしますね。
右側は開き扉が4枚に中央下は引出で
中央上はデッキが入るようになっています。
中段はテレビ置いて左右は飾り棚。
上に照明が入ります。
上段はすべて開き扉になっていて、
最上段はオープンにステンドグラスを
はめ込む形になっています。

解説でした。

かっこいいですよね。ちょっと残工事中で
手が思いっきりぶれている上に照明も
ついていないので、わかりにくいかもしれないですが。

お部屋がかなり大きいこともあって写真だと
なかなか伝わりにくいのですがテレビは
60インチ入れる予定だった気がします。
壁面収納で白にするとお部屋広く見える
と言われているのでこのあたりはわかりやすいかなと思います。

ステンドグラスもきれいな青色でいいですよね。

2017年12月09日 [東京 特注家具]
メラミンとシートの白い木目です。
扉を閉めた時に見える部分は
全てメラミンになっています。
syuunou
箱のみをつけた状態です。
単色に見えますが枠など他の部分に
白い木目調のものが多いため合わせて
その柄にしています。

隙間が全体に空いているのわかると思う
のですが、10ミリ空いています。
特に天井に接している右が隙間大きい
と思います。これは隙間材として
同じ材料を入れるようにしています。そして
隙間が大きいのは、右から2枚目と3枚目
の扉の大きさを合わせるためです。この隙間
がないと右から2枚目が小さくなりすぎて
しまうためここのみ均等に割って隙間を
大きくしています。もちろん最後は隙間なくなります。
隙間を最初から空けているのは扉や引出の
開けやすさのためと最終的な隙間を出さないためです。

解説でした。

また脚立写ってますね。
まあこれはしょうがないですがレーザーの
脚立もついでに写っていましたね。
ここは他にも各所取付したのですが
撮ってる場合じゃないぐらいすっかり忘れてました。

このところ忙しくなってしまって、まだ製作図
描いてないのたまってるんですが現場後だと
集中力無くて調べものとかどうしても違うこと
やっちゃうんですよね。とはいえ年内納品
たまりすぎてて、しかも製作図まだという。
工場がブチギレから達観に変わってました。
ちょっと面白かったです。

2017年12月07日 [東京 特注家具]
メラミンシートウォルナット柄オーダー品
収納
カウンター人工大理石
uloru

ウォルナットの柄のオレフィンシートと
メラミンの扉です。
カウンターは人工大理石で少し
柄が入っているものの艶出しです。
内部は同じ柄のシートになっていて
下の部分開いているのは入るもの
が決まっているからで今回は
フィラー無で壁を作って隙間が
出ないようになっています。

解説でした。

イージーオーダータイプです。
基本的な縦と横と高さが出ていて
表面材を決めると。お客様も楽
ですし、金額も手ごろになりますね。
多分普通のイージーオーダーの
お店よりも安く出しているのでは
と思っています。

柄物なので写真映りいいですよね
天然材だと私の腕が悪すぎて
なんか変な写り方しちゃうんですよね

とはいえこのやり方だと打ち合わせの
回数少なくて済むので気が楽だったり
します。お客様も出来上がり想像
しやすいですしね。

2017年12月03日 [東京 特注家具]
オーク柾目 オーダー品手洗いコーナー
tearai

オークの柾目で製作し既製品の一部を
使っています。トイレの部分はそのままで
カウンターとその脇の手洗い収納をつけて
わかりにくいですが黒とダークオークになって
います。手洗い器は和風で水栓は黒
なのでクロスの黒と合わせて手洗いボール
が目立つようになっています。

解説でした。

ちょっと最近兄のオフィス工事に入っていて
あんまり写真載せられないんですよね。
飲食店なら載せつつ宣伝しますが、オフィス
ですから。そんなさなか他のもやってはいる
ものの載せちゃダメなやつが多くてどうした
もんかなって感じです。
喜ぶお客様と嫌がるお客様分かれます。
表に出さないで施工資料では撮ることも
あるのですがさすがにブログには載せられ
ないです。

そしてオフィス工事は寒い暑いなくて快適
ではあるのですが、今の時期は乾燥が
すごいですね。乾燥肌なので今も顔が
かゆいです。

PageTop