東京の特注家具・オーダー家具に関するブログです | 東京都文京区で特注家具や修理をお考えならオーダー家具キャビン・インザルームに

CABIN in the room

ビジネスブログ

2019年07月06日 [東京 特注家具]
pa-te-
ウォールナット
ウレタン着色塗装
屋根裏のパーテーションですね。

中央に見える大きい柱は化粧柱で構造と
しては建築の柱の周りに不燃材のプラスター
ボードを貼って、その上にウォールナットの
化粧パネルを貼っています。通常は構造に
関係している柱が露出しているということは
ありません。

格子のパーテーションは上下に受け桟を
打ってそこにはめている構造になっています。
吹き抜け側からは掃除がしにくいため
こちらの階段側から少しいじると桟が
ずれるようになっていて、ずれた場所から
手を入れて吹き抜け側を掃除できるようになっています。

解説以上です。

天井高が1400ミリ以下の場合、床面積に
入らない場合があります。ここも
その条件をクリアしている家です。
まあロフトというか倉庫というか秘密基地
的な感じでけっこう好きです。

たしか延床に入らないためには下の半分
ぐらいの面積じゃないといけないとか
階段あったらだめかも知らんとか、
なんかあった気がします。

ちなみにここは母屋下がりといって
天井が少し傾斜かかってますね。
これも詳しく知らないのですが
北側傾斜制限みたいな隣に
日が当たるようにしているようですね。

2019年07月05日 [東京 特注家具]
hotel
以前から納品させていただいているホテル
での交換作業に行ってきました。
写真は数年前の納品分を引き上げたものです。
少しラタンの部分が痛いんでいますね。

解説以上です。

あんまり詳しくはないもののラタンについて
ラタンは日本では籐(とう)と呼ばれていますね。
表面がガラス質になっていて強度が高いので
椅子の張替えなどでも使われています。

うちでも張替えの依頼でやっていますが
4種類ぐらいで網代、カゴメみたいな編み方
と少し太さが選べるようになっています。
基本的に既製品で編まれたものを貼るので
布やビニールレザーより少し高い程度かなと思います。

ただ今回のように張り込みだと30台以上ないと
金額的にもそうですが受けるのが難しいです。
写真のように作ると手作業で編みこまなくては
いけないので太さや編み方など同じでしかも
量が揃っていないと4脚張替えだと
すごく高くなるか張り込みの職人が受けないか
どちらかですね。
既製品だと安いのもあると思いますがそれは
量があって同じものを作るからということです。

2019年06月29日 [東京 特注家具]
tearai
主要材オーク柾目横目
着色防水塗装
トイレの手洗いですね。
カウンターはオークの集成材
箱自体は宙浮にしていて、扉は観音
開きで内部は化粧板で棚板はありません。
塗装は防水塗装で色自体は建具と
その枠に合わせています。

水栓と手洗いボールはメーカーが違うため
多少の調整をしてあります。

解説以上です。

カウンター上に手洗いボールもしくは
洗面ボールが乗るタイプのものを
ベッセルタイプと呼びますね。
半分だけ埋め込みの時は
ハーフベッセルと読んだり半埋め込み
と呼んだりいろいろですが、このタイプの
利点といえばカウンターよりボールが
大きく作れるということでしょうね。

洗面ボールが一番出ていて、宙浮き
タイプにしているので足が当たらず。
奥行狭くても結構使いやすいです。

洗面ボールは主流になりつつあるのは
FRPでできた一体型の洗面ボール
で強化プラスチックで一体成型のため
洗面ボールとカウンターの間に継ぎ目が
出ないため清潔でまた安く済みます。

ちなみに今写っている手洗いボールは
ヨーロッパの陶器なので高いですね。
デザインも違いますが質感も違いますね。




2019年06月23日 [東京 特注家具]
主要材オーク柾目
ウレタン塗装ダウンライトLED
引出ソフトクローズ
terebi
オーダーのテレビボードですね。
吊り棚は4枚扉で可動棚が2枚入っていて
一番下にLEDのダウンライトがついていて
その下にある棚板を照らすようになります。
手掛けは特に作らず少し伸ばしているので
その部分に手を入れてもらい開閉します。
耐震ラッチ付

下の部分は4つの区切りになっていて
左2つは引出のソフトクローズ付ですね
今引出が入っていない部分です。
右の方はフラップ扉をいう下に開く扉に
なっていてデッキ類が入ります。
上の部分にコード穴を開けていて配線
などはそこを通すようになります。

解説以上です。

ここの設置位置は下の部分見るとわかる
とおり30センチぐらい下がっていますね
なので天井が高く見えると思います。
ただこの辺りの絡みが少し難しくて下の部分
設置して隙間埋めたり壁ピッタリに調整
しながら加工していくので少し時間かかりました。

ちなみに色なのですがダーク系の色で塗装
しています。この場合材料はオークが多い
ですね。金額的に手ごろだということもあります
が、他にも理由があり黒い色が乗りやすい
ということも多い理由です。あまり知られて
いませんが着色はどんな木でも同じように
乗るわけではなく白乗りやすい木や塗りつぶし
に向いている材などもあるんですね。



2019年06月20日 [東京 特注家具]
terebi
チェリー板目 ウレタン塗装
床はカシュー塗装です。

オーダーのテレビボードと床ですね。
テレビボードは格子になっており扉は3分割
になっています。一番左が板の扉で真中と
右がガラスが入った扉になっていてリモコンが通ります。

可動棚は各一枚入っていてカウンターの上
には配線用のコード穴が開いています。

ここは和室のため横に床板をつけています。
カシュー塗装という塗料を使って黒く塗装しています。

以上解説でした。

カシューはカシューナッツが採れる木で漆科
の植物です。塗ると漆のような艶になります。
本当はこのことを書こうと思ったのですが
ちょっと小耳にはさんだことがあり今日はそっちを

テレビボードに入れる器具は受光部に
赤外線を使うのが一般的ですが最近は
ワイファイやブルートゥースでの受信も増えて
きているため扉も以前のようにガラス扉に
しないでも通じるようになっています。

そのあたりは多少知っていはいたのですが
「巻戻し」という言葉がもう使われていない
ということを知りかなり驚きました。
しかも10年以上前から「早戻し」だった
そうで少しふるえました…
そんなことあるんですね。

2019年06月16日 [東京 特注家具]
mira
オーダーミラーとオーダーのフロストガラス
っぽい強化ガラスで製作したパーテーションですね。

ミラーは大理石の蹴上から天井まで
フロストガラス自体の説明は後述で、
建築自体に溝をついてはめ込んで
います。後工事でこれをしようとすると
ステンレスの枠やガラスを止めるクランプ
というのが見えますがこれは見えて
いません。きれいなつけ方ですね。

解説以上です。

実は以前からオーダーミラーをやって
いまして、取り付けている最中に
お客様と雑談していると、
「え?そんなのやってるの?言ってよ」
の一位がオーダーミラーで二位が
国内外ブランドの椅子の取り扱いです。
椅子は自社でも作っているのですが、
既製品やブランド品、作家工房の椅子
も扱っている方がいいと思っています。
利益あんまりないんですけどね。

最近は玄関にミラーがついていない時は
軽くおすすめするようにはしています。
施工費がかからないので安く済みます。

フロストガラスというのは表面に細かい
傷をいれて奥が見えないようにしている
ガラスですね。見たことあると思います。

すりガラスという種類があり、これは
サンドブラストとも言われていて
ケイ砂を吹き付けて傷をつけたもの
ですが、それに化学処理をして
さらに細かい処理をしたのが
フロストガラスです。

今回のフロストガラスっぽいというのは
強化ガラスはフロストできないので
強化ガラスに透明な飛散防止シート
と裏面にフロスト柄飛散防止シート
を貼っています。玄関ですから
割れたら危ないので。

2019年06月08日 [東京 特注家具]
te-buru
天板メラミン化粧板
脚部に既製品を使用しています。
使用用途として通常使うテーブルを2か所に
分けておいて人がまとまった時に一つに
つなげて使うこともできるという感じですね。

メラミン化粧板は化粧板の中では硬いので
傷がかなりつきにくいです。硬さでいうと
メラミン>ポリエステル化粧板>プリント化粧板
になりますが、当然ブランド品か海賊版かで
それぞれ傷がつきにくいとか汚れやすい、退色
しやすいなどがあります。
メラミンは水を吸わないのでダイニングテーブルの
トップとして使いうには最適ですね。

天板をつなげるということでは近い仕組みで
エクステンションテーブルというのがあります。
テーブルの中に天板が内蔵してあって、
人数が増えた時に伸ばすというあれですね。
最近はけっこう楽に伸ばせる金物も増えた
ものの、このやり方はお客様に聞かれたとき
いいやり方だなと思いました。

というのは手前の一人用ダイニングテーブル
みたいなのは使い勝手よくて、動かしやすい
掃除しやすい、余分なスペースがないので
物が置きづらいというのがあると思います。
あとはパソコンデスクとしても使えたりとか。

エクステンションテーブルは最小で4人
というのが多いのでこのやり方だと
他の部屋に持って行ったりとか汎用性ありますよね。





2019年06月01日 [東京 特注家具]
主要材ホワイトオーク。MDF
塗装ウレタン塗装塗りつぶし
ガラスダークグレー
床メープル
ハウスメーカー様分terebi
テレビボードとビルトインタイプの
エアコン収納ですね。箱とカウンター
はオークのウレタンクリアクリア塗装
扉の部分はMDFの塗りつぶし
で白系にしてあります。

吊り棚部分は中央がエアコンの
吐き出し口で木製の桟を作って
ルーバーにしています。両側面は
上開きのフラッパー扉で中に
可動棚が一枚づつ入っていて、
照明も入れているので後ろが
アッパーライトになっていますね。

下のテレビボード部分は中央が
ダークグレーのガラスが入っていて
デッキ収納で両側面は観音開き
の扉になっています。可動棚付。

解説以上です。

床がメープルですが家具の方は
オークを使っていますがあっていますね
これは床がメープルの無垢なので
色がばらけているためで、
家具の方でメープルというとかなり
明るい色を使用するため床とは
あまり合わないという判断かと思います。
それと白を使っているためオークの方が
コントラストがついてスッキリした感じに
なっていますね。柾目も大人しい
木目なのでメープルの木目の感じを
邪魔しなかったのもいいんじゃないかと思います。

あとちなみに周辺コーディネートは
ハウスメーカーの方です。さすがですよね。

2019年05月27日 [東京 特注家具]
主要材MDF
塗りつぶしウレタン塗装
照明LEDラインランプ
ハウスメーカー様分
toire
トイレ部分につけている収納です。
色自体はブラックですがトイレの
本体もブラック系のためそれに合わせています。

窓からの明かりが強いため扉が
わからなくなっていますが4枚扉です
内部は可動棚付。
フローティングになっていて下には
LED照明がついています。

以上解説でした。

ぱっと見だと簡単な家具ですが、
実はけっこう早くから取り付けています。

窓枠の部分にカウンターが入っていますが
これはサッシが入って壁仕上げる前に
カウンターだけつけていないとカウンター上の
造作壁がうまく止まってくれないので
工程的には大工さんが一部壁残した状態
でうちが入ってカウンターを窓下まで飲み
込ませて、それからカウンター上の壁をつけ
家具を扉残して仕上げ、タイル屋さんと
左官屋さんはどっちが先だったか
わかりませんが多分左官屋さんが先でしょう
そうするとタイル屋さんはけっこう大変
だったんじゃないかなと思います。
で、全部仕上がってから扉付けたり
照明つけたりしておしまいという
見た目は一日でついたっぽいものですが
普通のより日数かかってます。


2019年05月24日 [東京 特注家具]
化粧板白系
ミラー、拡大鏡
設計事務所様分
pauda-
オーダーのパウダーコーナーですね。
宙浮になっていて両袖がフローティング
下の段は瓶などのものが入る程度の
高さを確保しています。
天板は化粧板で製作しています。
単純に薬品を使うことが多い分
塗装などでは少し汚れが付きやすい
ということがあります。

それと上にはミラーとその横に拡大鏡
色は壁と同色の白系に統一している
ので圧迫感もなくきれいですね。

以上解説でした。

最近ちょっと図面が忙しくて多分今から
ご契約になる分は8月納品になるかな
と思います。でも今からうちに来て家具
作りたいと思っていたら普通に考えても
お盆前には使いたいですよね。
少し調整しながらになりますが頑張り
ますのでご連絡お待ちしております。


PageTop