東京の特注家具・オーダー家具に関するブログです | 東京都文京区で特注家具や修理をお考えならオーダー家具キャビン・インザルームに

CABIN in the room

ビジネスブログ

2019年11月01日 [東京 特注家具]
terebi
主要材 ウォルナット柾目横目
塗装着色ウレタン塗装
床に色を合わせています。

ウォルナットのテレビボードですね。
ウォルナット材を横目で使用していて
扉は5枚ですが左右は引出になって
いて中央3枚は開き扉です。

引出は内引出もつけているので
内部にはもう一つ引出がありますが
表からは見えないのですっきりしています。

観音扉は中央と左がデッキ収納で
背中に配線が来ています。
その横は収納棚で可動棚が一枚。

カウンターに穴が開いていないのは
配線自体は壁の中を通す仕様に
なっているからです。

以上解説でした。

特注家具の場合に求められている
ものの一つとして寸法がぴったりという
ものがあると思います。
あと色がぴったりもありますけど。

寸法がぴったりというのは既製品の
場合ちょっと難しいですからね。

家具の寸法化3500ミリあるからと
いうのがわかっていても壁の内寸を
3502ミリで作っても入るかと言ったら
多分入らないんじゃないかと思いますね。

あと奥行もあわせていますが右と左は
奥行違います。今回は左に合わせ
ましたが、右に合わせることもできます。
その場合はデザイン少し変えるでしょうね。



2019年10月27日 [東京 特注家具]
jyuuki
オフィス工事をさせていただきました。
写真はデスク&本棚です。
白の化粧板にデスク
背面には棚柱というのを
つけていて棚板は可動するようになっています。

内装と什器建具の工事などを
何か所かさせていただきました。

以上解説でした。

もう11月。あと2か月ぐらいで今年も終わりですね。

そのうちまとめて書くかもしれませんが
一応店舗の場合は了解いただいてから
お店の名前出しますがあまり細かくは
家具の解説はしない予定です。
オフィスの工事の場合はもっと書きませんね
場所ぐらいは書いてもいいなかなぐらいです。

なのでオフィス工事はちょくちょくやっているものの
あまり書くことが無いんですよね。

ただ何かしらの方法で文章を埋めないと
ブログ記事として認められないとか
スパム扱いになるとかの話を言われまして
考えるのですがそれでも無いときは無いんです。

なのでそのうち近況でも書こうかなと思っています。
ただ普段食べてるものとか書いても
家具に関係ないとダメなようなのでちょっと考え中です。

2019年10月20日 [東京 特注家具]
hatti
主要材ウォルナット柾目横目
ウレタン塗装
照明LED調光

左側解説
上部より収納で観音開きの4枚扉で可動棚が
1枚ついています。耐震ラッチ付。
一番上はLEDが周囲に回していて天井を
照らすようにしています。掃除はしやすいように
ポリカーボネートを置いてあります。
中央の大きい空間はテレビを置く場所
壁掛けのため背面は補強してあります。
その下はテレビボードで左側は格子のみで
抜けています。これは熱逃げとお手持ちの
デッキのレシーバーが効くようにですね。
右側は同じ格子ですが下開きの扉になって
いて可動棚が一枚ついています。

右側解説
こちらも上は4枚扉の観音開きですが、こちらは
飾り棚になっているので、扉は木製枠にガラス扉
耐震ラッチ付です。ガラス棚が2枚で可動棚に
なっていてLEDのダウンライトがついています。
その下はテレビ台ですが後ろのパネルが開くよう
にできていて配線ピットになっています。
その下はダイニングボードで観音開きの扉4枚に
可動棚が2枚と3枚になっています。

照明自体は建築のスイッチから送られているため
家具内に照明スイッチがあるというこはありません。

解説以上です。

両面収納というのは珍しいですね。写真だと
実物よりも迫力がないのでいまいち大きさが
伝わっていないかもしれないですね。
格子のテレビボードだけでも既成のものの中で
一番大きいかそれよりも大きいかもしれません。


2019年10月06日 [東京 特注家具]
isi
お手持ちの家具のリメイクですね。
トールタイプのダイニングボードだったものを
上台を天板をつけてたテレビボードにして
下台は大理石をつけてローボードにしました。

大理石の種類はマロンブラウンダーク

tiara tera様
中央区でグルーデコのレッスンなどされています。

以上解説でした。

大理石は本磨きと呼ばれる完全な艶出しの
磨き方のため写真だと壁紙映して真っ白に
なってしまってますが実際はダークブラウンで
石目がきれいに出ています。

大理石は400角などの定型の大きさに
なっている場合は安価で手に入るのですが
写真のような厚みや幅や奥行の指定
面形状の形などの特注の場合、国内で
加工するため高額になります。

ただクラシックな家具の場合は一枚で
製作した方が下の木製の家具との
バランスはよくなります。

ちなみに大理石と御影石というのが
建築では一般的ですが、内装の場合
大理石が多いと思います。

御影石に比べ大理石は水分の吸収が
多いので外壁などには適さず、御影石
を使用することがほとんどですね。
お墓も御影石なのはそういう理由からですね。

あと実はこのブログには載せていない&
リンクも通知もしていませんがインスタグラム
を私がしていまして、そこからのお客様でした。
ありがとうございました。









2019年09月27日 [東京 特注家具]
ba-
六本木の店舗の内装工事をしてきました。
何点か工事したものがあるのですが
一部載せます。写真はバーコーナーですね。

棚板が区切れているのは理由があってそうしています。

以上解説でした。

間違えて特注家具で載せてしまいましたね。
カテゴリは店舗になりますが以前変更したときに
他のブログの文章が文字化けして大変だったので
これはこのままにします。

最近なのですが、かなりの割合で茗荷谷の
店舗が閉まっていたのではないかと思います。
つぶれたかと思ったという電話が今月多かった
ですね…

実はちょっと今月忙しくて9月で引渡し物件
多かったのでオフィスや新築物件でけっこう
混み合っています。特に千葉の方もあった
のであの辺りは被害が大きく、私には
あんまり関係なかったのですが、
住宅メーカーはいろんなところに行かなくては
ならなかったようです。そのためちょっと
空振りとかあったり、電気通じてなかたり
被害が無い部分の進捗が早かったりとか
いろいろ調整がありました。

うちもこの被害で保険がおりるリフォームの
話がきたのですがクリティカルな状況で
普通の見積もり出すはなんとなく気が引けます。

2019年09月17日 [東京 特注家具]
kuro-
主要材化粧板
何か所かありそのうちの一か所です。
ウォークインクローゼット内の収納ですね。
左側は背板なしで上段にはパイプハンガー付
下は可動棚になっています。

右側は箱体一番上にパイプハンガーで
下台は背板ありで引出になっています。
スライドレール付ですがゆっくりしまる
ソフトクローズタイプのものになっています。

解説以上でした。

クローゼットの中につける収納で特注家具
というのは贅沢ですよね。金額としては
普段のものに比べると若干安い程度の
素材ですが、ただ右側は引出の数が多い
ので総額でいうと今回のものは高価ですね。

贅沢というのは単純にオーダー家具の
費用対効果は他の人に見せることが
ある程度前提になっている部分があるので
たとえば飲食店とか来客が多い人とかは
オーダー家具にする時の費用対効果は
高いわけなんですがウォークインクローゼット
は本人以外ほぼ入らないので他の人が
見る余地があんまりないわけです。

特にこの場合収納始まってしまうと
ほぼ服で埋まってしまうので特注家具
の必要性という意味では予算削ろうと
するとだいたい真っ先に削られることが
おおいですね。なので弊舗でも珍しい
ですね。やはり玄関とかリビングなど
の家具が多いです。


2019年09月13日 [東京 特注家具]
terebi
主要材チーク板目横目
ウレタンクリア塗装

チーク材のテレビボードですね。
背面はタイルを貼るのでその下地の状態が
見えています。テレビボードは宙浮で
フローティングタイプと呼ばれています。

テレビボードは4分割になっていて引出、
観音開きの扉、引出になっています。
観音扉は内部は可動棚が一枚入っています。

以上解説でした。

通常は奥行よりも高さの方が長くないと
テレビボードは垂れやすくなります。
その場合補強を入れるのですが今回は
補強無くても大丈夫ですね。下地が
固いのでしっかり取付すればこの大きさ
でしたら垂れてくることはないかと思います。

今回のテレビボードはチークですね。
チークは高級材として知られていますが
イギリスなどではポピュラーですね。
私が思うに島国のイギリスは船をよく作り
その甲板としてチークを使っていたから
馴染みがあるのではないかと思います。

なぜチークかというと見た目綺麗という
だけでもなくチークに含まれている油分には
殺虫成分とタール似た成分があり、
甲板などに使用すると普通の木よりも
長持ちするので好まれているのではないかと思います。

2019年09月06日 [東京 特注家具]
syuunou
ホワイト木目化粧板
取付最中でこれから隙間材埋めて
棚板セット、扉セットでだいたい終わりになります。

リビングとキッチンでは天井の高さが違うので
その延長として吊棚を一部取り付けているのと
キッチンの排気ダクトなどが通る隙間が
右側に必要なためそれに合わせた扉の
振り分けが必要になります。
ただ右上の部分が大きく空いている部分
ありますがこれは寸法間違いではなく
扉の幅を右3枚同じにするために
ここの部分は空けています。
ぴったりつけると扉を閉めた時に
継ぎ目が出てしまうので空けているんですね。

解説以上です。

そういえばたまにお客様に言われるのは
他だと隙間埋めなくて困ったといわれた
ことがあり、埋めますかと確認されたことがありました。

特注家具屋といっても隙間は埋めない
ところがあるのは知っています。
まあ別に特注で作ればそうなので
わざわざ埋める必要ないのでは。
なんなら20センチぐらい隙間あけておけば
いいじゃないというところもありますね。

2019年08月30日 [東京 特注家具]
hasira
主要材ウォルナット板目
ウレタン塗装
左側3本のウォルナットの化粧柱ですね。
ウォルナットで製作しています。通常は
この柱は構造に絡んでいる柱なので
ウォルナットで製作されることはなく、柱用
の材料で作られたあとプラスターボードを
巻いてクロスを貼ったりします。

今回のように木部で見せたい場合は
今はダイノックシートなどの木目柄の
シートを貼るのがよくありますが、木を
貼るというのはあまりしません。

理由は難しいからというのが一つあります。
というのはシートは単純に言えば壁紙を
貼るのと同じで柄が木目というのに近い
のである程度どんな形でも貼ることができます。

後は単純に金額がかかるということですね。
天然材のウォルナット貼るので柱が経年で
動いたときに化粧柱の部分が一緒に
動かないよう多少細工しながら取り付けています。

解説以上です

化粧柱を一般のお客様から依頼されたことは
無いので、あまり施工例としては目的がはっきり
しないのですが、こんなこともやってるよと
いうことでのせました。
このお宅は大空間&吹き抜けなので必要な
柱というのはどうしても出てきてしまうため
アクセントにして部屋が間延びしないように
なっていますね。




2019年08月24日 [東京 特注家具]
butudan
主要材オーク柾目
ウレタン塗装
オークで製作させていただいた仏壇収納ですね。

写真だと黒い木部が見えていますが収納
できる扉になっていて扉を閉めると通常の
収納のように見えます。ダイニングのため
ご仏壇が部屋のイメージを壊さないように
デザインされています。

下の段は引き戸で可動棚各1。その上は
引出が2杯ついていてスライドレール付です。

ご仏壇内部は須弥壇と呼ばれる本尊を置く
部分が一段ついています。これについては
奥行をかなりもたせているのでこの上に
お手持ちのご仏壇を置けます。
コンセント付で上の部分はシートをまだ
貼っていますが遺影収納になっています。

解説以上です。

ご仏壇についてちょっと。と言ってもうちのことですが。

祖父母の実家はちゃんとした
いい仏壇がありまして、本尊、掛け軸から
具足も多分全部そろってると思います。
木魚もあって毎日袈裟付けてお経あげていたので
飾りつけも宗派に則ったものになっているのではと思います。

で私の実家は仏壇なしでリビングのローボードに
遺影と過去帳、線香立てと仏前椀と数珠
ぐらいだったと思います。フリーダムな感じで。
夏の暑い日はたまに猫が供えられてますね。

どの程度揃えておけばいいかというのは
本家かどうかとか、誰がチェックしに来る
かとかによりますから難しいところですね。

本尊だけでも10万から100万ぐらい
するので大きさやかける予算は本当に
その家庭次第だと思ってます。




PageTop