東京の特注家具・オーダー家具に関するブログです | 東京都文京区で特注家具・家具修理をお考えならキャビン・インザルームにお任せください。

CABIN in the room

ビジネスブログ

2017年11月19日 [東京 特注家具]
syuunou
材料オーク材柾目
着色ウレタン塗装
既存地袋に色合わせ

お客様お手持ちの収納
下部分に上部収納を製作
材料と色を合わせました。
内部は同系色の
内装材を使用しています。

解説以上です。

また脚立写ってますね。
もはや心霊写真なんじゃないかと思うほど
撮ってるときには気が付かないんですよね。

写真で見ると色とか木目結構違うようになってい
ますけど実際はかなりあってると思いますし
追加分をいただけたので
お客様も気に入っていただけたのではと
勝手に思って喜んでいます。

最近和室や事務所改装の仕事してて
あんまり家具やっていないと思っていたら
わりとやってたみたいでまだ結構写真残ってて、
そのうち載せなくてはと思っているので、
時間見つけてあげていこうと思っています。

ちゃんとしたものじゃなくても
感じがわかればお客様も
発想のきっかけになりますもんね。

2017年11月19日 [東京 特注家具]
toire
カウンター 人工大理石
木部 ウォルナット

オーダーの洗面化粧台です。
人工大理石のカウンターで
木部はウォルナットの着色
ウレタン塗装。

洗面ボールと一体型の白いカウンターには
ソープボックスがついていてすっきりしています。

その下はウォルナットの収納兼配管隠し。
タオルバーは集成材を同色で着色。
足が入りやすいように宙浮にしていて、
ミラーは円形でウォルナット材使用し、
面を少しとっていて立体感が出るようにしています。

背面は写真だと少しわかりにくいですが
金と銀の和紙調になっています。

解説以上です。

洗面化粧台は一体型になっているのが
多いですが私は昔ながらの
ボールを上に乗せるタイプも好きです。
掃除のしやすさとか考えると
一体の方がいいんでしょうけどね。






2017年11月18日 [東京 特注家具]
senmen
主要材 メラミン ホワイト艶出

既製品の洗面化粧台とその横のオーダーの収納です。

 洗面化粧台は大きい洗い場と3面鏡が
ついていて下は配管スペースと引出になっています。
その横につけているのが引出と収納です。
上が扉の可動棚で下は引出。
一番下がオープンになっているのは
体重計と洗濯機の配管パイプをくぐっているためです。

解説以上です。

 あいかわらずの脚立撮影。

 表面はメラミンでツルツルしているので掃除するにも楽ですね。
あと若い方と年配の方だと感じ方に差があるかもしれませんが
引出の高さ一番上は結構高いですよね。
日本の伝統的な家具だと
引出を高い位置まで入れてるのは多いみたいです。

 今はスライドレールを入れていることもあって
高さ1100ぐらいまでが普通なんでしょうが
昔だとそういうものはなくて引出箱丸ごと取り出して
使ったりしてたことが多かったようです。
桐ダンスの中の小抽斗みたいに。
ほかにはギリギリ見える高さまで
引出にするというのはあったみたいですね。
高さ1500ぐらいまでとか

 そういえば昔は 抽斗 こう書いてひきだしでしたが
斗(マス)を抽(ぬきとる)という意味だそうで
分かりずらいので引出と書いています。
桐ダンスとかの図面や見積もりの時は
一応古来のこの書き方にしています。

2017年11月12日 [東京 特注家具]
先日チークのテレビボード納品してきました。
ちなみに一個前の話題とは違う場所です。
ハウスメーカー様分。

テレビボードで両サイドがタンデムレールの引出です。
ゆっくり閉まるやつですね。
真中は扉これは普通の扉ですが
別個で赤外線透す装置付けてますので
デッキ類にはリモコンが効くようになります。

板は天然材のチークの大判ですね。
ちょっと忘れちゃいましたが
写真見る限りチークの板目使ってます。
色は床に合わせですね。

石張る前に納品でしたので
この後背中に石張りの工程になります。

ti-ku

解説以上です。
このチークは木目きれいじゃないですか?
自画自賛してみましたけど。
大判にすると木目通すの大変だったり
一部木目乱れたりしてしまって
お客様から嫌われることあるんですよね。
木目がきついとか節があるとか。

やはり天然材じゃないシートに慣れすぎると
こういう木目は嫌う人も出てきますね。

ただシートの木目はきれいすぎたりとか
それを避けたあざとさがやっぱり出てしまうので
天然材の良さとはまた別のものですね。
とはいっても私はシートもはずれがなくきれいなので好きです


2017年11月12日 [東京 特注家具]
先日オープンの吊り棚を納品いたしました。
オーダー家具、ハウスメーカー様分
材料はチークで床と他の家具がチークのためそれに合わせています。
天井は一部板張りで壁は完全防音吊り棚がこの位置この大きさなのはここの部屋はピアノが入るためなんですね。
多分お引っ越し後はディスク類が収納されるのではないかと思います。
耐荷重などは問題ありません。
解説以上です。
cd
オープン本棚で文字数稼ごうとするとなかなか難しいものでどう解説していいやら悩ましいです。
このところちょっと忙しくなってきてしまってへろへろになりながらブログ修正してました。
一枚板の話書きたいのですができるかどうか。
あと私が入ってるリフォーム工事が3件あるんですが一つは諸事情あってしばらくは写真載せないですね。
いつかひっそり載せるかと思います。
もう一つは写真撮ったらいいものやらのやつと
写真撮ったらダメなやつという感じでブログ向きじゃない工事を最近してます。
リフォームだけじゃなくてちょっとこまごま直したいんだけどというご希望ある方ご相談ください。


2017年11月09日 [東京 特注家具]
先日オーダー品の窓枠施工しに行ってきました。
ウォールナットの突板で円形の窓にはめ込みでした。
またぼやけている上にやはり脚立が写っている。

なんかみてみると簡単そうについた感じなんですが、
壁と枠の間に隙間が出ないように壁が枠に一部突っ込んであるんですね。
なのでプラスターボード貼ってあるところに枠を入れているのではなくて、
枠を窓に入れてから表面のプラスターボードを円形に沿って差し込んでいるという、
なかなかな感じの難しさでした。
でもそっちの方が長く使うには丈夫ですからね。

あと直径は1M超えてて実際は結構大きいです。
なんか小窓みたいな写真写りですが。和室に円形の窓はいいですね。
かっこよかったです。
waku
以上解説でした。

建築枠とかは実は私は昔よく納めてました。
木製の枠とかはいまはシートが多くなっているので少なくなりました。
人工大理石で作ったりとか結構凝った面形状にしてみたりとか、
そちらにしても単独でそれだけの仕事というのは今はやっていないのです。
木製はやはり環境が他の部分と比べてちょっと過酷になります。
寒いし暑いし紫外線おおいしって感じでいやですよね。
外せと言われるのは嫌なのでしっかりつけますが
壊せと言われるとかなり苦労して壁ごと壊さなくてはいけなくなったり面倒事がおおいです。

2017年11月05日 [東京 特注家具]
先日オーダー家具で納品した分の調整で行った時の写真です。
tre
写真の中央にランプが写ってますがご愛嬌で。
ウォールナット板目・ウレタン塗装中央は扉で黒いスピーカーネットです。
ウーファーの音とデッキ類の赤外線が通るようにしています。
それから側面下にケーブル用の穴を開けており外付けのスピーカーが入る予定です。
吊り棚の棚板位置が均等でないのは入るものが決まっているためです。
特注家具ならこういうことできるのでオーダー品っぽいですよね。
少しテレビボードの背が高いのはリビングソファとダイニングテーブルから見るためにこうしてます。
解説以上です。

 テレビボードは低いタイプのものと高いタイプのものがありますよね。
ざっとH350のものとH750のものに分かれるかと思います。
ソファメインで画面が大きいものは前者でダイニングテーブルから
32インチぐらいの大きさで見るのが後者ですね。
育った環境や好みによってこの辺りは観やすさ違うのですが、
ヨーロッパは高いやつが比較的好まれているそうです。

2017年11月04日 [東京 特注家具]
キングチェア弊舗では椅子の製作はあまりしていないのですが、それでも玄関に置くオブジェのような役割をするものとかは作ってるんですね。tennji特注の椅子は金額15万ぐらいは簡単にいくので1脚だけとかで費用対効果が高い場所なら作ったりもいいですね。玄関の椅子だと他にはアンティークの物を探して直して塗り直したりもしたりもします。まあダイニングチェアは既製品探して脚切ったりとか手直しした方が楽ですしね。脚物だとベンチやソファは特注の方が良い場合多いので作ります。で、今期も特注椅子のご注文いただきまして、しかも珍しいキングチェアでした。すごい久々に見ましたね。前に5日ぐらい店舗に検品来店で置いておいたので見た方もいらっしゃるかもしれませんね。isu仕様はビロード、金メッキ、スワロフスキーで写真では伝わらない迫力でした。目に優しくない上に高さが普通の人より高く、横と奥行が普通の家に入らないという大きさ。いいですね。最初見たときは驚愕しましたが、見慣れてくると欲しくなってくる存在感。まあ私の家にも当然入らないんですけどね。お子様の椅子がこれだったら人格の形成に影響するんじゃないかと思うぐらい。世紀末覇者気分が味わえますね。椅子は地位と役割の象徴としてあったのがわかるデザイン。デザイン的には教皇の玉座といえなくもないような。テーブルの下に肘は入らないですが座り心地はとてもいいのでいかがでしょうか。かっこいいし。ご注文お待ちしてます。オーダー家具・特注家具・家具修理・店舗内装キャビンインザルーム

2017年11月04日 [東京 特注家具]
先日納品させていただいた仏壇です。ハウスメーカー様分オーダー家具写真の撮り方がすごい雑。お客様も実物気に入ってくださったのですがこの写真映りだと自宅だと思わないかもしれない。材料はチークで床に色を合わせています。洋室に合う仕様で内部は黒で、内部にコンセント付。扉は折れ戸の観音開きになっているので拝むときには仏壇の感じはでています。横にお手持ちの箪笥が入るようになってます。butud特注家具オーダー家具お考えの方ご相談・ご依頼お待ちしております。オーダー家具・特注家具・家具修理・店舗内装キャビンインザルーム仏壇の上には物を置いてはいけないというルールがあるんです。それは2階建ての1階に仏壇があってもダメなんですね。まあこの写真には物置くスペースがあるのですが、その場合は仏壇の中に木とか紙で雲とか天とか書いてあるものを貼っておくとOKというのがあるみたいで何度か貼りました。ちなみにうちの実家は無いですけどね。そもそも仏壇なくて、ローボードの上に広げてあり、たまにうちの猫がお供えされてます。

2017年11月02日 [東京 特注家具]
ちょっと前に納品した特注のお仏壇です。上面には遺影が入るようにアクリルカバーがしてあります。仏壇はどうしてもデザイン的に仏壇とわかるものが多いのですがこれは扉が閉まると下の部分と同じオークの大きい扉になるので使うとき以外は仏壇とは気が付きません。内装も同じ材料を黒で着色しており2トーンになっていて飾った状態から逆算してこうしています。扉は収納扉ですが奥行が深くないと扉は途中で止まるので注意が必要です。butu解説以上です。オーダー家具・特注家具・家具修理・店舗内装キャビンインザルーム仏壇は難しいですよね。ちなみにご自分の家紋ってい言えますか?今のアイコンですね。うちはこう見えて江戸っ子なので、江戸で貧乏人の代名詞こと五三の桐なんですけどね。桐紋は天皇家の別紋で豊臣家の家紋ですね。私が思うに平民からの成り上がりとかのイメージの良さや紋付袴を着るにあたって、そんなのないからよそから借りるときによってたかって着まわしたのが五三の桐なんじゃないかと勝手に思ってます。で家紋それにしたと。由緒ある方には申し訳ない。きっとうちにはないでしょうね。

PageTop