東京の特注家具・オーダー家具に関するブログです | 東京都文京区で特注家具・家具修理をお考えならキャビン・インザルームにお任せください。

CABIN in the room

ビジネスブログ

2018年06月28日 [東京 特注家具]
主要材ハードメープルウレタンクリア塗装和紙貼 麻の葉柄terebiハードメープルの突板と扉の框は無垢板で製作しています。フローティングタイプと言われている宙浮きのように見せているタイプで、テレビの重さに耐えられるように照明の奥の部分は補強しています。照明はLEDの棚ライトタイプという埋め込み用のものを使用しています。色はどちらかと言えば電球色ですね。扉は引き戸ですが上吊金具を使用しているため軽く開閉ができ、ガラスに和紙を貼ることもできますが、今回は使用するときは開けて使用するということで板戸に和紙を貼っています。麻の葉柄の和紙を貼っていますが柄には意味があり麻の葉柄の場合は子供の成長と魔除けですね。産着でよく使われる柄なので、見たことある方も多いのではないかと思います。以上解説でした。ちょっと弊舗においてある明神型テレビボードに似てますかね。terebiハードメープルと黒メラミンで製作してまして組子で麻の葉と胡麻の柄で製作してます。ちなみにゴマは栄養があるので意味は健康と長寿ですね。

2018年06月23日 [東京 特注家具]
杉板板目浮造りウレタン塗装艶消しkabe1kabe2kabe3壁面一面に杉の板張りをしていました。杉は厚めのものを使用して浮造りという木目が目立つような表面加工をしています。塗装はウレタン塗装の艶消しです。今回はちょっと解説なしで。けっこう板貼るのに時間かかってまして多分そのうち載せるであろうもう一か所も大変でした。逆光で何が何やら写真だと全然わからないと思うのですが、一階から二階天井まで板張りしていまして、一枚目の人が写っている部分は一階ではなく、一階の小上がりといって一段上がっている部分で二枚目は中二階です。それで撮っている部分が二階ですね。浮造りなので触ると木目がボコボコしていて気持ちいです。

2018年06月11日 [東京 特注家具]
単色ポリエステル化粧版単色メラミン化粧版kuro-zeto 左右対称のクローゼット収納です。手前上は可動棚付収納で下はタンデムレール付の引出。中央はパイプハンガーで下はタンデムレール付引出奥はパイプハンガーのみです。ちなみにミラーはメープル無垢板で作っています。解説でした。特注家具というとやはり気になるのは金額ですよね。ポリエステル化粧版通称ポリバンやメラミンは金額が天然材と比べると下がるもののそれでも既製品よりは高額と言えるかと思います。ただ高額というのは人それぞれです。基準の一つと言えるものは費用対効果になるかと思うのですが、お店やオフィスはこれが高いので特注家具は多いですね。一般住宅ですとメインになるお部屋か玄関ということになるかと思います。あとはかなり飛ばしたデザインにできるトイレや洗面化粧台も面白いので多いです。そんなわけでクローゼットや寝室を特注でするというのは本当に贅沢品ですよね。文京区で平屋建てるような贅沢な感じがします。

2018年06月08日 [東京 特注家具]
表面材オーク柾目横目塗装 着色ウレタン塗装terebiテレビボード部分とカーテン横の収納では奥行が違っています。右側は奥行深く上段と中段は扉で可動棚付下はタンデムレールの引出になっています。一番右のカーテンに隠れているところはカーテンボックス用のフィックスの板をつけていて開閉時カーテンが邪魔にならないようになっています。中央の部分は上段が扉で可動棚付さっきは書くの忘れましたが上段と中段には耐震ラッチがついていて地震の時には扉が開かないようになっています。中段は飾り棚で内部に照明付ガラス棚になっていて扉はカラス扉ですがスモークガラスに少し加工してガラス丁番が見えないようにしています。下の段は左が開き扉で可動棚付中央はデッキ収納で下から上に持ち上げる扉になっています。そして右はウーファーを入れられるようにスピーカーネットを貼ってある扉になっています。以上解説でした。写真見るとそんなに大きく見えないですが実際はかなり大きいです。床の幅見れば少しわかるかもしれませんが床は幅広のタイプなので細かいのではなくて単純に天井が高く空間が大きくなっています。テレビも50インチとかなら余裕で入りますね。扉が一枚60pぎりぎりぐらいなので75インチ入るかも知れないですね。

2018年06月01日 [東京 特注家具]
主要材メープルウレタンクリア塗装syuunou1syuunou2壁から壁までの収納です。ハードメープルで製作しています。上は引出収納とオープン本棚の組み合わせで、引出は上の段は3センチ程度、下の段は7センチ程度になっています。下は収納扉の部分は展示用の扉で他はオープンの本棚になっています。上に持ち上げてあげるタイプの扉で通常は飾るような感じになっています。同じ部屋で向かいどうしですのでカウンターの形状は合わせてテーパーをとっているので少し細くなって見えると思います。テーパーとは先を細くする加工のことです。以上解説でした。

PageTop