東京の特注家具・オーダー家具に関するブログです | 東京都文京区で特注家具や修理をお考えならオーダー家具キャビン・インザルームに

CABIN in the room

ビジネスブログ

2019年07月28日 [リフォーム 家具修理]
mizu
水回りの改修工事ですね。
トイレの改修をした際に後ろのタンク
部分を変更しました。

トイレとその後ろは既製品で決まって
いるのですが手洗いをつけたいという
ことでベッセルタイプの手洗いと黒い
水栓をつけています。壁紙が黒いので
ちょっとわかりにくいかもしれません。

カウンターもやり替えていて点検は
一部上開きに下部分で行います。

右のアルミ引手部分は既製品ですが
左の部分とカウンターはそれに合わせて
特注で製作しています。

解説以上です。

タンクレストイレとタンクがついている
従来型のトイレがありますよね。
写真の方はタンク付ですが、後ろに
収納付けたりしてます。

タンクレスの場合後ろのタンク部分が
無いことでトイレが広く使えるという
メリットと流すのに電力を使うので
停電時使えないということや
価格が高い、手洗いを併設できない
ということがあります。

とはいえ最近のトイレはタンクレスが
増えているのは間違いないところで
見た目のきれいさや日本人の好み
を考えても主流になっていくでしょうね。


2019年07月25日 [東京 特注家具]
daininngu
オーク追い柾目横目
ウレタン着色塗装

キッチンとダイニングの境にあるダイニング
ボードですね。キッチンの配管、配線
隠しも兼ねていて、カウンターはオークの
集成材で防水塗装。地袋は左は観音
開きになっていて可動棚が入っています
が奥行はそんなにないです。

隣のオープン収納がある部分は下の
部分は可動棚が1枚入っていて観音
開きになっていて中にコンセントが入っています。

オープン部分にもコンセントを内蔵して
いてスパイスラックやリモコンの収納の
ほかにも充電などできるようになっています。

以上解説でした。

木の種類というのはいろいろあってオーク
やバーチ、チェリー、ウォールナット、
メープルの他にも国産材でもかなりの数があります。

そんな中であっても木の種類ではなく
木目の種類というのはそんなになくて、
大きく分けて3種類になるかと思います。
板目、柾目、杢目ですね。

ただ無垢のフローリングや一枚板で
この区別をつけることはないかと思います。
板目と柾目というのは切り方なので
山型の木目が板目
平行の木目が柾目
という感じで突板の場合でよく使われます。

天然材のためすべてがそうはっきり分かれて
いるわけではないのでやや板目、やや柾目
もありそれが追い柾や中板目と呼ばれています。


2019年07月11日 [リフォーム 家具修理]
tannsu
ケヤキ箪笥のリメイクですね。
お客様お手持ちのものに合わせて壁を作っています。

新規で製作している部分はカウンターと
隙間材、戸の一部で、他の部分は
再塗装と箱体自体は補強をしています。

解説以上です。

欅無垢材で作られているので再塗装
するときれいになりますね。ただ年月が
経っていると箱体自体は結構歪む
ので開きにくくなったりします。

あと金具は新規で近いものを選んで
抽斗は割れている部分が多いので
製作か補強をしています。

そういえば「抽斗」はひきだしと読みます。
普段は引出と書いていますが昔の人は
こう書くことも多いですね。意味は
抽出の抽に斗(ます)なので枡形の
ものをはまっている状態からひきだす。
という感じで、まあ引出と同じ意味ですね。
一応私の修業時代の先生からは
中国語が由来なのでスライドレールを
使わない伝統的なものを製作している
人はこの字を充てることが多いと聞いています。

まあ私は洋家具がメインなので普通に
引出と書きますが桐箪笥とかの図面
提出の時は抽斗と書くときはあります。
あとお客様が抽斗と書いたとき読めないと
ちょっと恥ずかしいので忘れないように
たまに書くというのもありますね。

2019年07月06日 [東京 特注家具]
pa-te-
ウォールナット
ウレタン着色塗装
屋根裏のパーテーションですね。

中央に見える大きい柱は化粧柱で構造と
しては建築の柱の周りに不燃材のプラスター
ボードを貼って、その上にウォールナットの
化粧パネルを貼っています。通常は構造に
関係している柱が露出しているということは
ありません。

格子のパーテーションは上下に受け桟を
打ってそこにはめている構造になっています。
吹き抜け側からは掃除がしにくいため
こちらの階段側から少しいじると桟が
ずれるようになっていて、ずれた場所から
手を入れて吹き抜け側を掃除できるようになっています。

解説以上です。

天井高が1400ミリ以下の場合、床面積に
入らない場合があります。ここも
その条件をクリアしている家です。
まあロフトというか倉庫というか秘密基地
的な感じでけっこう好きです。

たしか延床に入らないためには下の半分
ぐらいの面積じゃないといけないとか
階段あったらだめかも知らんとか、
なんかあった気がします。

ちなみにここは母屋下がりといって
天井が少し傾斜かかってますね。
これも詳しく知らないのですが
北側傾斜制限みたいな隣に
日が当たるようにしているようですね。

2019年07月05日 [東京 特注家具]
hotel
以前から納品させていただいているホテル
での交換作業に行ってきました。
写真は数年前の納品分を引き上げたものです。
少しラタンの部分が痛いんでいますね。

解説以上です。

あんまり詳しくはないもののラタンについて
ラタンは日本では籐(とう)と呼ばれていますね。
表面がガラス質になっていて強度が高いので
椅子の張替えなどでも使われています。

うちでも張替えの依頼でやっていますが
4種類ぐらいで網代、カゴメみたいな編み方
と少し太さが選べるようになっています。
基本的に既製品で編まれたものを貼るので
布やビニールレザーより少し高い程度かなと思います。

ただ今回のように張り込みだと30台以上ないと
金額的にもそうですが受けるのが難しいです。
写真のように作ると手作業で編みこまなくては
いけないので太さや編み方など同じでしかも
量が揃っていないと4脚張替えだと
すごく高くなるか張り込みの職人が受けないか
どちらかですね。
既製品だと安いのもあると思いますがそれは
量があって同じものを作るからということです。

PageTop