東京の特注家具・オーダー家具に関するブログです | 東京都文京区で特注家具・家具修理をお考えならキャビン・インザルームにお任せください。

CABIN in the room

ビジネスブログ

2018年01月18日 [東京 特注家具]
ウォルナットのオーダー品です。仏壇、本棚、デスクです。butudandesk例年ですと年明け暇なことが多いのですが年末のお仕事年明けにできるやつをずらさせてもらっていたら結局工事多くなってしまいまして今ちょっと多忙なのでそのうち解説載せます。

2018年01月08日 [店舗]
収納メラミンで製作した楯収納と家事コーナーです。途中ですが、右が楯の展示台になっていて中はダウンライトと背面はミラーになります。棚はガラス棚で前面はガラス張り、収納の出し入れは側面からできるようになっています。左は家事コーナーで上台はガラス付の框扉でその下はオープンスペースなのですがカウンター自体は2分割のスライドになっているので蒸気とかでも大丈夫です。そしてその下は引出でさらにその下が開き扉の棚板可動棚が1枚つくようになっています。背面のパーテーションというかオフィス全体の仕事でしたので背面も同じ品番を使用しています。以上解説でした。オフィスの仕事だと既製品を並べたりとかしたところでブログに載せてどうなるのかということもあるので一般家庭にも関係ありそうな飾り棚と家事コーナーの写真撮れてたので載せてみましたがやっぱりオフィスっぽいですね。ちなみにメラミンは硬度があるので丈夫ですが金額が普通の化粧版よりかかるのでアイミツする時は材料のところ見た方がいいかもしれません。もうひとつちなみにアイカとかで出している蒸気を吸収する化粧版は使ったことがありません。このあたりは好き嫌いとしか言えないのですが珪藻土マットとかは家でも使っていてそれはそれでいいのですが、30年もつのかということを考えるとどうしても信用ができない部分がありますので、多分やるとしたら脱着タイプにするかもしれないですね。

2018年01月07日 [東京 特注家具]
ハウスメーカー様分でちょっと写真載せられないので一部だけti-ku主要材チーク下駄箱&クローゼット収納wで5000ぐらいでh2500照明が下についています。全て引き戸で4枚の大引戸。引戸自体は閉じた時にすべてフラットになるフルフラットにしていて引手は掘り込みになっています。内部は同色シートですがこれは汚れた時に掃除をしやすくしているためです。靴関係を収納する部分のほかに、靴墨やちょっとした物を入れる用の引出箱もついていて一部は鍵付になっています。そのほかにはセコムなどの器具類やコートなどを掛けるところ傘を入れるところなどがついていて扉を閉めた状態で余分なところが見えないようになっています。以上解説でした。実際写真で見るときれいなんですが事情があって拡大した部分の写真のみにしています。写真の部分は扉が開いた時の内部ですね。引出箱とかいろいろ見えてます。昨日はちょっと年末納めた部分で変更があったのでちょっと一部引き上げに行ったり採寸に行ったりしてました。年内納めたのは追加分とか時間あったらと言われていたものは全部後回しにさせてもらっていたのですがそれでもあんまり終わらなかったです。年末ちょっと体調崩していたので更新もできずでした。今年は初詣に湯島天神にいって、おみくじが大吉だったのでいいことあるといいなと思っています。

2018年01月05日 [店舗]
昨年納品分の壁面収納です。hekimen材料はメラミン化粧版の単色で下台はすべて引出でソフトクローズのスライドレール付です。引手はシルバーで艶出しです。上台は棚柱をつけて棚板ですが棚下灯、ダウンライト、間接照明がついていますので、全部で50近い照明がつくようになります。その間に入れるが冷蔵庫のようなものでカッティングシートを貼っています。色の高さを合わせるためその下には台を白の同色で製作しています。以上解説でした。年末年始いろいろありましてブログ更新していませんでした。昨日から兄は仕事していたのですが忙しそうにしていますね。写真は去年年末していたものの途中のものです。終わって照明とかついているものは会社の資料になっています。まあそれにしても大きい収納ですよね12メートルぐらいあるので一般家庭だとあんまりやらない大きさかとおもいます。色も理由があってこの3色なので実際見てみるとすごくきれいですね。このあと両側面にある建具に合わせて下がり壁をつけてジョリパットを塗装して終わりになります。

PageTop