東京の特注家具・オーダー家具に関するブログです | 東京都文京区で特注家具や修理をお考えならオーダー家具キャビン・インザルームに

CABIN in the room

ビジネスブログ

2019年03月25日 [東京 特注家具]
毎度ご贔屓にしてくださりありがとうございます。
4/7まで天板セールしていますので
よろしければ播磨坂の桜祭りの時にでも
お越しください。
工場整理しながら出しているので
ちょくちょく増減するためご希望あればご相談ください。

主要材オーク柾目
天板ウォルナット
ウレタンクリア塗装
sofa
小上がり和室に設置のオークと
ウォルナットで製作したソファです。

袖は収納になっていて観音扉ですが
上のウォルナットも扉になっていて
この部分は上から使うようになっています。

ソファの下部分はコンセント付

ソファ本体はウレタンフォームにして
カバーはフルカバータイプ(後述有)
で製作しています。

解説以上です。

今回のソファはざっくりジャンル分けすると
セパレートタイプで
フルカバータイプで
ファブリックで
ウォッシャブルということになりますね。

このタイプのメリットは
内部のウレタン交換がしやすい
カバーの脱着がしやすい
洗濯がしやすいということがあって使いやすくて
おすすめしやすいかなと思ってます。

この逆のタイプが 張りぐるみ と呼ばれるタイプで
イタリアモダンのソファはそんな感じで製作しています。
当然どっちが優れているということもないとは思うんですよね

ちなみに
高額ソファはだいたいアイアンフレームで
できていて座面はウレタンで背面は羽毛。
全面本革の張りぐるみでステッチも
難しいやり方していて本当にいいんですよ。
買わないけどよそでちょくちょく座ってみたりして。


2019年03月19日 [東京 特注家具]
主要材チーク板目
ウレタン着色塗装
terebi

チーク板目のテレビボードですね。
吊り棚は開き扉で耐震ラッチ付
可動棚が3枚入っていてA4ファイルが
入るようになっています。
その隣は飾り棚で一番上は板戸ですが
これは飾っても見えないためで上まで
ガラスでも大丈夫です。
下がガラス扉の板棚で可動棚

下はテレビボードですが一番右が
湾曲になっています。天然材で
目方向を合わせて曲げるのは
なかなか大変なんですがうまくいったと思います。

その横がデッキ収納
そしてその横が引出になっています。

解説以上です。

セール分の天板を倉庫から出しているの
ですが思うように出してこれずまだ展示は
全部できていないです。

天板セールは天板の金額+
脚(だいたい1万5千円ぐらいから)
になります。反り止めや塗り直しは
そのものによって要相談でお願いします。


2019年03月12日 [東京 特注家具]
いつもご贔屓にしてくださりありがとうござます。
桜祭り時期にテーブル天板の
一枚板&無垢板のセールいたします。
現品のみのセールになりますが
よろしくお願いいたします。

主要材ウォルナット、スチールパイプ
ウレタン着色塗装、焼付塗装
LEDダウンライト、グラスラック
gurasu
ハウスメーカー様分
キッチンカウンターの上に照明とグラスラック
上にも飾るスペースをつけています。

天井までいっている脚はスチール製
焼き付け塗装です。中に梁から
下げている金物と照明用のケーブルを
入れてあります。天板自体はスチールが
ウォルナットの天板を下から持っている
ような形で掘り込みをしています。

解説以上でした。

写真見ていると上下逆さまなのかと
思うようなテーブルな感じがあります。

梁からボルトを下しているのでちょっと
事前の用意と墨出しがシビアでした。
5ミリぐらいずれると調整が大変に
なってしまうので寸法ちゃんと出さ
ないといけないのですが、梁と柱と
床下地しかない状態で4か所つけると
なんかずれてるような気がして
本体取り付けるまで不安でしたね。

本体取付自体は電気もいれて
2時間ぐらいだったのでわりと早めに
終わりました。


2019年03月02日 [東京 特注家具]
主要材ウォルナット
着色ウレタン塗装terebi
ハウスメーカー様分テレビボード等を納品しました。

背面はエコカラット貼り。
テレビボードは3分割にしていて
中央は下開きのフラップ扉
両サイドは引出になっています。
引出はソフトクローズというゆっくり
閉まるタイプのものを使用しています。

家具自体は吊りこみをしていて宙浮に
なっていて、扉は換気出来るようにファンがついています。

以上解説でした。

現場がクリーニング直前だったため埃が多いですね。
通常建築現場だと現場養生というものをして
作業するので床は傷つきにくくなっています。

クリーニング後に作業することもありますが
だいたいは木工事完了前後に入って
クロス後に入って工事して、
クリーニング後にちょっと工事することもあります。

クリーニング後に入るものとしては
コーキングなどの隙間埋めとかですね。
クリーニングが終わっていないと
埃がついてしまってあまりきれいにいかないので。

PageTop