東京の特注家具・オーダー家具に関するブログです | 東京都文京区で特注家具や修理をお考えならオーダー家具キャビン・インザルームに

CABIN in the room

ビジネスブログ

2019年02月24日 [東京 特注家具]
主要材オーク
ウレタン着色
desuku
飾り棚コーナーを製作しました。
私が仕事はじめて早い時期ぐらいなので
13年ぐらい前から付き合いのあるお客様で
この手前に写っているダイニングテーブルを
当時取付させていただきました。

5000ぐらいある長さのテーブルなのでかなり長いですね。
大理石とか真鍮を埋め込んであり
当時は珍しかったのでは無いかと思います。

で今回はその横にあるコーナーで
一番上は本棚で最後にブックエンドをつけています。
その下はガラス棚でアイアンの棚受け。
その横も同じ仕様ですね。
これは保存用の瓶を置いておくところです。
その下はL型になった棚板が2枚。

テーブルには物を置かないため電話とか
メモ帳とかそのあたりを置いておくところで、
脚は既製品であった脚をつけました。

以上解説でした。

どの仕事をしていても追加というのはうれしいもので、
このお客様も最初のうちは
これじゃ高いとか傷がつくとかいろいろ
言われていましたが、なんだかんだで他もまわって
弊舗にくるということで、微妙にうれしい気持ちになります。

気に入っていただけたようで他のお部屋も提案させて
いただけることになりましたので、それは素直にうれしいです。


2019年02月19日 [店舗]
新橋駅近く塩川カイロプラクティック様改装工事をさせていただきました。
写真一部ですが載せます。

kairo
kairo2
kairo3


2019年02月12日 [東京 特注家具]
写真差し替えました


主要材ウォルナット一枚板耳付
防水クリア塗装
手洗い鉢お施主様支給品
ハウスメーカー様分
ウォルナットの一枚板を使用した
手洗いコーナーですね。
ウォルナットは一枚板の耳付を天板に
使用しています。耳付の説明は下で。

塗装は防水のクリア塗装をしています。
箱は観音開きで棚板は1枚可動棚

で、なんでわざわざ一枚板を使った
かということなのですが、お客様支給
の手洗い鉢が特殊であったため
これを引き立てるにはこれぐらいが
必要なのではと思い提案しました。

この手洗い鉢を多分買える業者は
ほぼいないのではないかと思います。
私も初めて知りましたがとある名窯
で作られています。受注生産で納期は
だいたい3か月でこの窯元がある
県の出身者にしか販売していない
ということと打ち合わせに行く必要が
あるということでこれはなかなか
入手困難なものでした。

とはいえ販売することが決まったら
工事が必要になるため窯元と
打ち合わせをいろいろさせていただき
勉強にもなりましたし、
私がフランスの人間国宝の
ジャンジレルの作品が好きなこともあり
楽しく納品させていただきました。

特徴もありますし、通常商品は
東京でも販売しているので
見ただけで好きな方はわかるとは
思いますが、一応迷惑かかると
いけないかなということで伏せておきます。

以上解説でした。

耳付というのは白い部分がついていて
直角ではない木の表面の形が出てている
部分を使用しているところをよくそういう風に
言います。
その場合白い部分は白太(しらた)
黒い部分は赤身(あかみ)と呼ぶことが
多いと思います。neko

2019年02月08日 [東京 特注家具]
主要材ウォルナット柾目
着色ウレタン塗装
terebi
一段下がったところにテレビボードを
取り付けています。
ウォルナットは床に色合わせをして
柾目というすっきりした木目を使って
いるので大きい割に存在感無いかな
と思っています。

右の部分は上下引出になっていて
その左は板扉で可動棚一枚
中央はガラス扉にガラス可動棚
左の箱は板扉に可動棚一枚になっています。

下の部分は宙浮になっていてコンセントが
ついているので自動掃除機なども設置
できるようにしています。

以上解説でした。

今修理が立て込んでいまして、まあ
倉庫がいっぱいになってしまったため
倉庫にある棚板とか、お客様から
引き揚げていた使用しなくなった家具を
産業廃棄物に出しに行っています。
こういう時に同業者の知り合いがいると
便利なもので近くて安いところを
人づてにきいて出しているので
結構安く出せます。
昔は木だと焼却炉で燃やせたんですが
今はダメなんですよね。リフォームや
改装の時に出たゴミや、それが
終わった後に出た木くずなんかも
産業廃棄物に出さないといけないので
ぼんやりしているとどんどんたまっていきます。

2019年02月07日 [リフォーム 家具修理]
お手持ちの棚板を活かしたいということで
本棚をリメイクしました。
本

他の部分で使っている本棚の棚板が
余っているので本棚作りたいということで
製作しました。

作り方はかなりシンプルで、両側面のパネルを
下がり壁いっぱいまでで作って、
既存の棚板でつっぱているような感じです。

棚板は本棚が壁につかないように少し
カエシをつけています。

地震の時でもこのやりかたなら倒れてきません。

解説以上でした。

棚板でリメイクというのは少し珍しいですね。
お手持ちの棚板だとうちで加工するのも
新しく作るのもそんなに金額は変わらないのですが
この場合は棚板がナラの無垢板でしたので
もったいないということでリメイクしました。
棚板は反るので通常だったら交換を勧めています。

家具の耐久年数は法律的には10年ですが
特注家具だとやはりもう少し耐久年数がほしいですよね。
新築してから途中で外すことはできないわけですから。

リフォームした時には外すかもしれませんが
それを考えなければなるべく長持ちするような
作り方と材料で製作したいなと思っています。

2019年02月03日 [東京 特注家具]
主要材カーリーメープル
鏡面塗装
人工大理石
カラーガラスdaininngu
カーリーメープルのダイニングボード。
本当は光り輝いているのですが、なんか暗く見えますね。

右側は扉と引出ですが下の部分はごみ箱
を収納できるようになっています。
その上は引出でカトラリーボックス入り
カウンターは人工大理石で手前の
キッチンと合わせています。
その上は食器棚で可動棚と耐震ラッチ付。

左側はちょっと見えませんが家電関係を
収納するオープン棚になっていて上は吊り棚
耐震ラッチ付。
冷蔵庫が一番左につくのでその分は空いています

解説以上です。

カーリーメープルというのは今は珍しいかも
しれないですね。カーリーメープルというのは
メープルの中で杢と呼ばれる目のことです。
通常はよく書く板目と柾目に分かれるのですが
生長不順であったり、いろいろな要因で
それ以外の目が出ることです。

カーリーはそのまま縮杢(ちぢみもく)と
日本では呼ばれていまして珍重されていますね。

だいたいメープルの中で縮杢や鳥眼杢が出る
割合は千本から1万本に1本と呼ばれているので
あまりないですね。グレートメープルとも呼ばれます。

というわけで化粧板という印刷系の表面材ができてからは
いろいろなところに縮杢、鳥眼目の化粧板は見ました。

特に艶出しよりも金額が跳ね上がる鏡面塗装で
カーリーメープルは普通の特注家具2本分ぐらい
いきますね。他の壁面とかもこの材料で製作しているので
それはそのうちに。

2019年02月01日 [東京 特注家具]
写真差し替えました

主要材オーク柾目
ウレタン着色塗装
オークで特注家具製作しました。

右側はコートなどを掛ける収納で扉を
開けるとコートハンガーになっています。
中央はシューズクローク、下駄箱ですね。
可動棚を多くして収納量をあげています。
その上はエアコンがビルトインで入っているため
格子状の扉になっています。

その脇はベンチなのですが片袖とベンチの
下は引出になっていて一番壁側のものは
内部をステンレスで囲った傘立てになっています。

あとはエアコンの上の部分の格子は照明カバー
になっていてこれも製作しています。

解説以上でした。

エントランス又は玄関は家の中でもお金をかける
費用対効果高いんじゃないかなと思います。
チャイムを鳴らした人すべてがリビングや
ダイニングに入るわけではないので玄関で
用事が済む来客の場合はそこがその家の印象ですからね。

物を出したくない。もしくは飾りたいなど
相手の第一印象が決まるのが玄関なので
入口の部分はこだわってみてもいいのではないかなと思います。neko

PageTop