東京の特注家具・オーダー家具に関するブログです | 東京都文京区で特注家具や修理をお考えならオーダー家具キャビン・インザルームに

CABIN in the room

ビジネスブログ

2019年11月30日 [リフォーム 家具修理]
rimeiku
以前弊舗でオーダーソファを製作させて
いただいたお客様よりご連絡があり
オーダーソファのリメイクと張替えを
させていただきました。

座面は無地で背面のクッションは
柄物の3分割です。クッション自体は
弱くなってはいなかったので交換は
しておらず、カバーはファスナー付なので
クッション部分が弱ってきたら単体で
交換が可能です。

以上解説でした。

いつもご贔屓にしてくださりありがとうございます。
おかげさまで今年の製作予定が埋まりました。
…というより、もう遅れてつつあるので
来年に回させていただいているお客様も
いらっしゃるためこのブログ書いているのも
実はけっこう心苦しい感じになっています。
図面も遅れてますし。

あとお店が開いていないということを言われています。
すみません。多分今月けっこうしまってました。

リメイクの場合には解説することが少ない
のですが一定の文章量書かないと
いけないので私の近況です。

パナソニック汐留美術館で開催中の
ラウル・デュフィ展
絵画とテキスタイルデザインに行ってきました。
12/15日までです。
dufe

テキスタイルデザインというのは布のデザイン
のことですね。ラウルデュフィは鮮やかな色彩で
非常に人気になりました。

象が好きなようでかわいかったですね。


2019年11月18日 [東京 特注家具]
honndana
主要材オーク柾目
塗装ウレタン艶消し

オークの本棚ですね。内装会社様分。
基本はA4ファイルが入るようになっていて
奥行もA4ギリギリぐらいです。なので縦の
ラインはそれよりも下げていてブックエンドの
代わりになるかと思います。ちなみに上下が
空いているように見えますけど縦のラインと
あわせているのでこの位置からだと見えない
だけですね。実際はあります。

以上解説でした。


背面はクロスでクロス後に工事しています。
クロス前に家具を設置するとクロス屋さんも
一か所一か所貼らないといけず全体の
工期が延びてしまいますから。本当はクロス
前の方が楽なんですけどね。実際この家具
は壁から壁の中にビッチリ入るデザインなので
持ってきてすっぽり入ってるように見えますが
取付に半日ぐらいかかってるんですよ。

あと変わったところといえば床ですかね。
うちは家具工事だけなので、床は大工さん
が工事しているので関係ないのですが
この床の貼り方はヘリンボーンといいます。
ニシンの骨という意味だそうです。
建築的には矢筈模様と言うのだそうですが
聞いたことないですね。現場で大工さんと
話しててもあまり覚えがないかもです。
しゃべってて「ヤハズ」といわれるよりも
「ヘリンボーン」と言われた方が聞き間違え
しなさそうですもんね。

2019年11月16日 [リフォーム 家具修理]
ofisu
soto
解体から内装と一部外壁、オフィス用家具の設置までやらせていただきました。
写真は外壁とオフィス用置き家具設置中のものです。

解説以上です。

以下私の近況です。すみません。
理由は下の関連記事まで(PC版のみ)
2019-10-28内容です。
touki
三井記念美術館で開催している特別展
茶の湯の名椀高麗茶碗展に行ってきました。
12/1まででです。
日本橋室町にあるのですが移転してから
15年ぐらいしかたっていないんですね。
内装はさすが財閥でした。

個人的には黒の御所丸茶碗が良かったです。
あまり陶器には詳しくないのですが、そういえば
以前大井戸の十文字をイメージして
座卓を切ってくっつけたり。
te-buru
その大井戸の十文字も展示されていましたね。

まあ私も井戸とか大井戸、粉引ぐらいは
うっすら知っている程度ですが、あとは楽焼とか
志野の茶碗とかはきいたことあります。
御所丸とか三島とか言われても初めまして
なので何度か思い出さないとすぐ忘れるでしょうね。

刷毛目をつけた刷毛目と
刷毛目のない粉引。
刷毛目をつけない無地刷毛目。
…なるほど…としか言いようがなかったりも
しますけど全体的にはまた茶碗の展示
あったら行きたいなと思いました。


2019年11月01日 [東京 特注家具]
terebi
主要材 ウォルナット柾目横目
塗装着色ウレタン塗装
床に色を合わせています。

ウォルナットのテレビボードですね。
ウォルナット材を横目で使用していて
扉は5枚ですが左右は引出になって
いて中央3枚は開き扉です。

引出は内引出もつけているので
内部にはもう一つ引出がありますが
表からは見えないのですっきりしています。

観音扉は中央と左がデッキ収納で
背中に配線が来ています。
その横は収納棚で可動棚が一枚。

カウンターに穴が開いていないのは
配線自体は壁の中を通す仕様に
なっているからです。

以上解説でした。

特注家具の場合に求められている
ものの一つとして寸法がぴったりという
ものがあると思います。
あと色がぴったりもありますけど。

寸法がぴったりというのは既製品の
場合ちょっと難しいですからね。

家具の寸法化3500ミリあるからと
いうのがわかっていても壁の内寸を
3502ミリで作っても入るかと言ったら
多分入らないんじゃないかと思いますね。

あと奥行もあわせていますが右と左は
奥行違います。今回は左に合わせ
ましたが、右に合わせることもできます。
その場合はデザイン少し変えるでしょうね。



PageTop