東京の特注家具・オーダー家具に関するブログです | 東京都文京区で特注家具や修理をお考えならオーダー家具キャビン・インザルームに

CABIN in the room

ビジネスブログ

2020年05月12日 [東京 特注家具]
主要材オーク柾目横目
塗装ウレタン塗装
引手アイアンdesk

オークの収納&デスクですね。
家具は他の部分との色合わせで
右側は観音扉に可動棚1枚付で
コードマネージャー込になっています。

左の収納は可動棚6枚で真ん中に
方立があり分割されています。

以上解説でした。

最近家具の話あまりしていなくて
店舗やオフィスの写真多かったです。
特に書きたいと思うことがなかったのですが
かといって美術館にも行けず話す内容も
あんまりないんですよね。

今回は引手とつまみの話でも
ちょこちょこっとしようかなと

私が職人になった時にはまだ引手とつまみ
は多くて扉や引き出しにはほぼついて
いたのですが今は少なくなりましたね。

そもそもなぜ引手をつけるのかというと
扉や引出の木部が手の油や水分で
傷むのを防ぐためにあります。

なので水回りといわれる洗面やキッチン
では今も引手はついています。とはいえ
昔のような形ではなく扉の端から端まで
ついているレール引手と呼ばれるものが
一般的です。

また素材もステンレスが多くなります。
意外にご存じない方いらっしゃいますが
ステンレスは合金の名前でクロムが多く
含まれるもので
ステン(汚れ)レス(にくい)ということですね。

なのでクロムの引手などでもあまり変色は
しないのでキッチン等でもおススメできます。

とはいえじゃあそれ以外はだめなのかと
言えばもちろんそういうわけではありません。

そもそも今出ている引手やつまみで
錆びたと言ってクレームになったことは
私は経験なかったんじゃないかと。
ちょっと思い出せませんが。

鉄はもちろん赤く錆びますが、
国産のアイアン引手は防錆しているものが
多いですし悪くなっても交換できるので
交換して軽い模様替えも楽しめると思っています。


PageTop