東京の特注家具・オーダー家具に関するブログです | 東京都文京区で特注家具・家具修理をお考えならキャビン・インザルームにお任せください。

CABIN in the room

ビジネスブログ

2017年10月27日 [その他]
こんにちはキャビンのブログ担当&施工しているものです。いつもご贔屓にありがとうございます。うちではネスプレッソを使っています。パナソニックのコーヒーメーカーも使っているのですが一杯のんだりデカフェ飲みたいときに重宝しています。ネスプレッソのバリスタシリーズが期間限定で9月ごろから出てて何度か飲んだのですがとてもおいしかったです。バリスタ・キアロ、バリスタ・スクロ、バリスタ・コルトの3種類が出ていて、うちにはリストレットないのでコルトもエスプレッソで飲んでいたのですがそれももう終売になってしまい残念です。豆の確保とかが難しいんでしょうね。いつもブラックなのですがカプチーノとマキアートもこのカプセルがあると飲んでみようかなと思って作ったりしてます。nesupちなみに家事コーナーにおいてあるカウンターは人工大理石でできています。ちょっと汚れていますがメラミンスポンジとかで拭けばもとに戻るので白でも汚れ目立たないです。うちのテーブルは脚が1本4千円ぐらいだったかな特注テーブルと言えば聞こえはいいですが天板いいの使って脚はクローム色の銀色ピカピカな感じで予算重視で作りました。あんまりお金ないので。でも家事室だとピカピカの脚でもそんなに気にならないですけどね。オーダー家具・特注家具・家具修理・店舗内装キャビンインザルーム

2017年10月27日 [一枚板 無垢板]
ちょっと前に売れてしまった欅の一枚板。無垢の座卓を製作し納品の際には写真撮ろうと思っていたけど結局忘れてしまい、写真は加工前の在りし日のケヤキの姿です。欅の一枚板はきれいですよね。特にこれはワレ・シミ・フシ無いのでなかなか出ない木でした。人気によって金額上下するので今はお手頃な値段になってます。keyaki一枚板テーブル・無垢板をお考えの方見積もり依頼は来店・メール・電話で店内にある無垢板は仕上げ塗装前で納品前に仕上げ塗装し納品いたします。裏面は加工していないので脚のデザインを最初から決めていくことや、天板自体もカットすることができます。倉庫にも在庫ございますが仕上げをしているのが少ないのでわかりづらいかもしれないですね。それ以外にも四国・九州北海道の木場でご希望に合った大きさの樹種お探しします。一般的に一枚板の割れ・節・シミ・反り無が一番高くて、手頃の無垢板のテーブルは6枚ハギぐらいだと脚付きで10万円ぐらいのもオーダーで取り扱っています。お部屋のイメージでサイズと樹種を決めて、椅子のデザインと置き方で脚のデザインを決めるといいかと思います。ご連絡お待ちしております。オーダー家具・特注家具・家具修理・店舗内装キャビンインザルーム

2017年10月27日 [店舗]
Belgian Beer & Bar FAIRGROUND since1989/Re FAIRGROUND フェアグラウンド東京都世田谷区北沢2-3-12 友和ビル BIF03-3411-2739 [月〜木・日]19:00〜翌1:00[金土・祝前日]19:00〜翌3:00 下北沢のバー フェアグラウンド様にお伺いしました。以前から納品はさせていただいていたのですが一部改修に伴い検査が必要なためその分のメンテナンスでした。写真は撮り忘れてました。下北沢駅から3分ぐらいのところです。オーダー家具・特注家具・家具修理・店舗内装キャビンインザルームちょっと文字数稼ぎの文載せます。建具を直したり扉何か所か直したりしていたのですが商業用と家庭用は耐久性が違うんですね。これは商業用のを使っていたのですが昔からのバーでしたので金具が少し弱っていて消防検査とかにチェック受けるときにこするとダメ直しで合格遅れてしまうので少し念入りに直してました。材料はオークだったかな最初の時も結構な量特注家具やらせていただいていたのでまだ無事に使えて何よりです。

2017年10月27日 [店舗]
赤羽のイタリアンレストランペンナロッソ様に改修工事でお伺いさせていただきました。東京都北区赤羽南1-4-9TEL03-3903-557911:00〜14:00 (ラストオーダー)17:10〜21:30 (ラストオーダー)基本的に火曜日定休日兄の仕事で新規ダイニングソファと既存ダイニングチェア張替え、ロールスクリーン納品いたしました。写真は撮りそこなってしまいましたが兄は撮っているはずなのでそのうち更新します。猫好きの方は是非。オーダー家具・特注家具・家具修理・店舗内装キャビンインザルーム文字数補強のためにちょっと違うことを。店舗のダイニングソファは住宅のものとは違います。基本的にはかなり固くなっているかと思います。これは嫌がらせでしているのではなく単純に店舗と住宅では強度を明らかに変えています。商業用の椅子と家庭用の椅子ですと金額も違いますがぐらつくまでの期間がかなり違うんですね。それだけ座る人の人数が違うということです。たまに予算のためにこの辺りを家庭用にする方もいらっしゃいますがお店がうまくいくとわりと早めに壊れてしまいます。ソファもそんな感じで中に入れているウレタンの質が家庭用とは意味が違うのでちょっと固くなっています。家庭用なら言われればオーダーソファは羽毛で背面つくりますが店舗だとそうしたらすぐぺしゃんこになっちゃうでしょうね。今回はちゃんと店舗用で作っていますので長く使えるようにきれいに出来上がりました。

PageTop