東京の特注家具・オーダー家具に関するブログです | 東京都文京区で特注家具・家具修理をお考えならキャビン・インザルームにお任せください。

CABIN in the room

ビジネスブログ

2017年10月22日 [リフォーム 家具修理]
なぜ家具を修理するのか 後半です。で、まだ違う話なんですが、山下和美さんの「数寄です」ってご存知でしょうか?面白いですよ。数寄屋建てるコミックエッセイなんですがそれに出てくる数寄屋建築のプロの藤井さんと去年銀座にある数寄屋造りのバーの工事一緒にしてたときにいろいろ作業もさせてもらったり竹や和釘とかの部材も使わせてもらったりしたんですが藤井さんの使ってる和釘って鋳造じゃなくて刀鍛冶が打ってる鍛造らしいです。1本数百円かもっとするのか。本物の数寄屋建築には歴史、昔と今の知識、感性も必要なのですが、伝統の技術も当然必要になります。数寄屋造りの本物の材料が日本には無い、技術を継いだ職人もいない。注文する人もいない。新築も無い。なんてことが将来の日本におこらないようにしたい。なんて言うのは簡単だけど、実際は仕事が途切れずあるかどうかが伝統をつなぐことになるんですよね。 ようやく本題で、なぜうちが修理するかというと「使い難くなったものは直して使い続ける」ことに価値を持つ人の考えを維持する為です。ドーキンス博士著の「利己的な遺伝子」にはミームという「脳から脳へ伝わる文化の単位」があってそこでいうところの伝統ミーム…意識的な活動によって維持されているもの…なのかな。使い方あってるかわかりませんけど…。伝統を将来に残すために価値観の多様性を大事にしたいと。なのでたいして儲かってはいないのですが、それでも実店舗がある特注家具屋が修理する技術を維持するのは意味があることだと思っています。少しは。例えば、建替えの時に昔からある仏壇を前板少し残して作り変えて新居に入れるとか。ちゃんと利益も出た楽しいことも多いです。ということで修理依頼お待ちしています。maego

2017年10月22日 [リフォーム 家具修理]
なぜ修理するのかこれはお客様がなぜ修理するのかというよりなぜ特注家具屋が修理するのかというテーマです。お客様が修理をする理由は思い出・価値観・子供の傍若無人とか様々すぎて書ききれないので。今回は金額、納期の話は無いです。 最初から違う話になってしまいますが、家具の修理は儲かる。と思っている人はあんまりいないとは思いますが、多分そんなに儲からないんじゃないかと思います。うちの場合は特注品作っている工程にはさむのでいいですが、会社がやっていけるほどの量を毎月確保するのはなかなか難しいと思うんですよね。業界全体でいえば専門でやれるほどの修復技術があれば建築の現場補修工になって外注で1日3万円ぐらいで請負やっていった方が楽だと思う人はきっと多いでしょうし。あと一般のお客様の中には修理は安く考えている人多いです。実際は動く職人の数は多くて特注やるより悩んだり手間かかるし、買った方が安いという選択肢もあるので金額出す時はなかなかギリギリせめてるんですよ。後半へ仏壇

PageTop