東京の特注家具・オーダー家具に関するブログです | 東京都文京区で特注家具・家具修理をお考えならキャビン・インザルームにお任せください。

CABIN in the room

ビジネスブログ

2017年12月24日 [東京 特注家具]
いつも御贔屓にしていただき
ありがとうございます。
年末は28日まで営業しております。
各担当には29日まで電話つながります。

フルオーダーとイージーオーダー

昔は造作家具と言われ現場で作って
いたのですが、それから特別注文家具、
いわゆる特注家具屋と呼ばれました。
今はオーダー家具という呼ばれ方が
主流かと思うのですが、
昔イージーオーダー・オーダーメイドと
呼ばれていたものも今では一緒に
オーダー家具と言われてます。


イージーオーダー家具の多くは
扉をメラミン材
箱はオレフィンシート、主に単色
キッチンカウンターには人工大理石
隙間材は入れず取付しないこともある

基本的にこの枠からは出ないみたいです。
このことが納品時にお客様が認識していなく
よそ様の家具の改修を何度かしたことがあります。

とはいえ費用対効果を考えてのこの提案は
うちでも近いやり方でたまにやります。
キッチンまわりや壁面収納とかだと多いですね。
o-de2
o-da-
イージーオーダーのお店だと
天然材・新素材・異素材・水回り・
椅子・框扉・変形・建具などはやらないようです。

フルオーダーについて
ビスポークスタイルと言ったほうが
正しいのかも知れないですが
まああんまり一般的じゃないみたいなので
和製英語のフルオーダーにしています。
ただイージーオーダーとビスポークでは
スーツと同じで出発地点と目的が違っています。

私が提案する時には

古人の跡を求めず古人の求めたるところを求めよ

万人の残す万丈の轍は万の尺度を以て是を測る

というのを心に留め描いています。
お客様の言った内容通りのものを
ベースで作図しますが、お客様が予算内で
最も満足していただける提案は何かを
探しながらのご提案を心がけています。
なので今でも提案する時と納品の時は怖いです。
畏れというよりやっぱり恐怖に近いですね。

またちょっと話変わりますが
私は大学出てから施工始めたので
もう16年ぐらい現場施工しています。
住宅展示場・商業施設・複合ビル
マンション・公館・寺社に、もちろん
一般住宅をやってきました。
結構経験豊富なほうだと思います。

なので基本的にプロとの仕事が多く
結果で考えれば金額と品質は
社会的には釣り合っていると思っています。

またやはりそういう仕事もしている
だけありいろいろやってきましたので
弊店ではキッチン・建具・階段・手すり・
間仕切り・隠し部屋・桐箪笥・仏壇・
暖炉・壁・椅子・ソファや特注小物
なども
やってきましたし施工の方法や
それに使用する部材もプロからリピートを
いただける程度の提案と品質だと思っています。


danro
isu
kagu
sofa
贅沢品と思ってオーダー家具考える方も
必要に迫られ楽に生活できるようにと考える方も
え?家具って普通は特注じゃないの?と思っている方も
次につなげるために残そうと決めた方も
ご満足いただけるようにお客様をよく見て
自由に提案し満足していただける商品を
提供できる会社を続けていきたいと思います。

というわけで差別化でフルオーダーという
言葉をCMで使っていますがお気になさらず。
イージーオーダーに近いやり方もやってます。

お気軽にいろいろご相談ください。

2017年12月24日 [その他]
昨日23日明け方まで事務所の工事をして
いまして、そのあと休みになって、今日は
朝から別の事務所の工事をしていました。
ro-to
そんなわけで23日は久々の午前中から休み
ということになり眠気がすごいなかぶらぶら
その辺の歩きつつ

三菱一号館美術館のパリグラフィック ロートレックとアートになった版画ポスター展
に行ってきました。
最近はSNS広告が出てきたため写真撮影
できるところも増えてきたように思います。
チケットはディヴァンジャポネ

その後またぶらぶらしてそういえば今日は
天皇誕生日だったことを皇居に行って思いだし、
またぶらぶらして後楽園のアヴランシュゲネーさんに
行ってクリスマスケーキをもらいました。
sutefi
今年の第一弾クリスマスケーキ ステフィー
すごいおいしかったです。
苺やベリー系のクリームとムースでさっぱりとしていました。
小麦粉かなり少ないか使ってないかもしれないです。

でまたぶらぶらして夜お風呂入ってすぐ気絶
寝坊して迎えに来てもらうという体たらくでした。
睡眠は十分とりたいですね。アラームが止まらない
夢を見ていたのは覚えているんですが正夢だったとは
というか現実逃避だったとは。

2017年12月24日 [東京 特注家具]
オーダーでテレビボード製作いたしました。
ハウスメーカー様分ウォルナットとMDF
テレビ
ウォルナットと塗りつぶしのツートーンで、
黒の塗りつぶしの方はMDFで製作
しています。単色であればポリバンとか
の方が安く済むのですが、お部屋の
感じからしても塗装の方がいいだろう
ということでMDFという下地材に
黒く塗装しています。

引出が4杯にその上はデッキ類が
入るようにしています。上から開く
タイプなので横長にしても大丈夫で、
側面は熱逃げをいれて、上も熱逃げと
配線通るようになっています。
引出の下にも配線の穴が開いていますが
これはスピーカー類が通る穴になっています。

解説でした。

ちょっと背が高いのは理由がありまして
この上にはスクリーンが下りるようになっています。
というわけでスクリーン下りて映画とか
観るとき以外はテレビを使うと思うので
ちょっと高めなんですね。
ヨーロッパタイプだと背が高いテレビボードは
ありますが日本だと背が低いのが
一般的かなと思います。
ツートーン好きなのでウォルナットと
ブラックの組み合わせはテレビ入れた時
とてもいいんじゃないかと思います。


PageTop