東京の特注家具・オーダー家具に関するブログです | 東京都文京区で特注家具・家具修理をお考えならキャビン・インザルームにお任せください。

CABIN in the room

ビジネスブログ

2017年11月18日 [東京 特注家具]
senmen主要材 メラミン ホワイト艶出既製品の洗面化粧台とその横のオーダーの収納です。 洗面化粧台は大きい洗い場と3面鏡がついていて下は配管スペースと引出になっています。その横につけているのが引出と収納です。上が扉の可動棚で下は引出。一番下がオープンになっているのは体重計と洗濯機の配管パイプをくぐっているためです。解説以上です。 あいかわらずの脚立撮影。 表面はメラミンでツルツルしているので掃除するにも楽ですね。あと若い方と年配の方だと感じ方に差があるかもしれませんが引出の高さ一番上は結構高いですよね。日本の伝統的な家具だと引出を高い位置まで入れてるのは多いみたいです。 今はスライドレールを入れていることもあって高さ1100ぐらいまでが普通なんでしょうが昔だとそういうものはなくて引出箱丸ごと取り出して使ったりしてたことが多かったようです。桐ダンスの中の小抽斗みたいに。ほかにはギリギリ見える高さまで引出にするというのはあったみたいですね。高さ1500ぐらいまでとか そういえば昔は 抽斗 こう書いてひきだしでしたが斗(マス)を抽(ぬきとる)という意味だそうで分かりずらいので引出と書いています。桐ダンスとかの図面や見積もりの時は一応古来のこの書き方にしています。

PageTop