東京の特注家具・オーダー家具に関するブログです | 東京都文京区で特注家具・家具修理をお考えならキャビン・インザルームにお任せください。

CABIN in the room

ビジネスブログ

2017年11月04日 [その他]
昨日は文化の日でしたね。私は午前中打ち合わせだったのですがその時に展示会の「皇室の彩」展のチケットをいただきました。御飾棚見てみたかったので楽しみです。NHKの教育で12日朝に解説番組があるようなので観てから藝大美術館行きたいと思います。打ち合わせ後は都内うろうろして夕方ごろに汐留行きまして「カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」観に行きました。kaud以前違う方からいただいていたものでちょうどタイミングよく観に行くことができました。前にマティスとルオーも行ったので今回も楽しかったです。パナソニックミュージアムは下にキッチンやリフォームのいろいろなもの置いてあって楽しいです。何度か打ち合わせでも行きました。絵の話のついでなのですが、ピクチャーレールというのをご存知でしょうか。絵を掛けるフックを吊るす金具なのですが。絵画を家に飾りたいというお客様多いようでピクチャーレール天井に取り付けたりとかを追加工事いただいたときよくするのですが、どうしても単独だとレールの費用とは別に取付費で3万近くかかるので他の時と一緒だとこれがかかることがなく余計な出費抑えられるかなと思います。道具が揃って慣れてさえいれば簡単なのですぐつけると私もやや心苦しい時もあります。ロールスクリーンやカーテンの新調の時に一緒に行って終わらすこと多いですかね。余裕があれば枠組んで柄物クロス貼るなんてこともやると面白いですね。kageカーテン・ピクチャーレールもやっておりますのでお気軽にご相談ください。オーダー家具・特注家具・家具修理・店舗内装キャビンインザルーム

2017年11月04日 [東京 特注家具]
キングチェア弊舗では椅子の製作はあまりしていないのですが、それでも玄関に置くオブジェのような役割をするものとかは作ってるんですね。tennji特注の椅子は金額15万ぐらいは簡単にいくので1脚だけとかで費用対効果が高い場所なら作ったりもいいですね。玄関の椅子だと他にはアンティークの物を探して直して塗り直したりもしたりもします。まあダイニングチェアは既製品探して脚切ったりとか手直しした方が楽ですしね。脚物だとベンチやソファは特注の方が良い場合多いので作ります。で、今期も特注椅子のご注文いただきまして、しかも珍しいキングチェアでした。すごい久々に見ましたね。前に5日ぐらい店舗に検品来店で置いておいたので見た方もいらっしゃるかもしれませんね。isu仕様はビロード、金メッキ、スワロフスキーで写真では伝わらない迫力でした。目に優しくない上に高さが普通の人より高く、横と奥行が普通の家に入らないという大きさ。いいですね。最初見たときは驚愕しましたが、見慣れてくると欲しくなってくる存在感。まあ私の家にも当然入らないんですけどね。お子様の椅子がこれだったら人格の形成に影響するんじゃないかと思うぐらい。世紀末覇者気分が味わえますね。椅子は地位と役割の象徴としてあったのがわかるデザイン。デザイン的には教皇の玉座といえなくもないような。テーブルの下に肘は入らないですが座り心地はとてもいいのでいかがでしょうか。かっこいいし。ご注文お待ちしてます。オーダー家具・特注家具・家具修理・店舗内装キャビンインザルーム

2017年11月04日 [東京 特注家具]
先日納品させていただいた仏壇です。ハウスメーカー様分オーダー家具写真の撮り方がすごい雑。お客様も実物気に入ってくださったのですがこの写真映りだと自宅だと思わないかもしれない。材料はチークで床に色を合わせています。洋室に合う仕様で内部は黒で、内部にコンセント付。扉は折れ戸の観音開きになっているので拝むときには仏壇の感じはでています。横にお手持ちの箪笥が入るようになってます。butud特注家具オーダー家具お考えの方ご相談・ご依頼お待ちしております。オーダー家具・特注家具・家具修理・店舗内装キャビンインザルーム仏壇の上には物を置いてはいけないというルールがあるんです。それは2階建ての1階に仏壇があってもダメなんですね。まあこの写真には物置くスペースがあるのですが、その場合は仏壇の中に木とか紙で雲とか天とか書いてあるものを貼っておくとOKというのがあるみたいで何度か貼りました。ちなみにうちの実家は無いですけどね。そもそも仏壇なくて、ローボードの上に広げてあり、たまにうちの猫がお供えされてます。

2017年11月04日 [一枚板 無垢板]
先日納品させていただきました。茗荷谷お客様分一枚板座卓です。使用環境が少し変わっていたため脚を4本から5本に変更し、少し丸めて安全性を高くしています。割れなどなくとてもきれいな木目ですね。塗装はうちの通常の丈夫なセラウッド塗装です。mukut解説以上です。オーダー家具・特注家具・家具修理・店舗内装キャビンインザルーム一枚板が最近ちょくちょく出てしまったおかげで無いやつも売ってしまってるんですね。まあよくあるんですが。展示少なすぎるせいか基本信頼していただいているのか60万でいいウォルナット一枚板でこんな感じになってるものなんて言われていろんなところメールや電話で問い合わせて今回は見に行ってきました。他のもたまっていたので。でもこの辺りは説明必要かも知れないですが北海道、関東、四国、九州の木場では扱ってるものが違いますね。そもそもあんまり来ないというのと人気がないというのと。都内だとウォルナット人気ですが、モンキーポッドはあんまり人気ないみたいですね。でも関西だと人気はあるので木目が悪いというとこではないです。部屋と合うか、椅子と合うか好みの木目かという問題ですね。

2017年11月04日 [一枚板 無垢板]
ホームメンテナンス 無垢板テーブルオイル仕上げ 後半です。それをふまえてメンテナンス方法なのですが、テーブルなわけで使ったら水拭きしたいですよね。水拭きしていいんじゃないですかね。食品の油染みは残るので食事後はアルコール除菌とかで拭きましょう。あとはランチョンマットとか敷いてもいいですね。水拭きしてカサカサが気になったらオイルを塗る。オイルはアマゾンとかで蜜蝋とかワトコオイルとかで充分です。エゴマやアマニの乾性油なら天然油でも平気です。うちで納めたものなら割れ防止で反り止め入れてますが、それでも反ったら家具屋呼んで削り、割れてきたら契(チギリ)入れましょう。mukutこの黒いやつですね。割れてないうちから入れる人もいますが。割れの悪化防止です。オイル仕上げで無垢テーブルを買われる方は、買った当時の状態の維持する為じゃなくて変化して愛着が出るのを楽しんでいる方も多いですよ。古民家みたいなものですかね。愛着はいい思い出に紐づくので気にせずガンガン使って、ボコボコにしてもし真っ二つに割れたらベンチにして新しいテーブルまた買いましょう。全然メンテナンスの話じゃなかったですね。販促でした。オーダー家具・特注家具・家具修理・店舗内装キャビンインザルーム

2017年11月04日 [一枚板 無垢板]
ホームメンテナンス 無垢板テーブルオイル仕上げオイル仕上げの家具でよく言われるのは基本乾拭きで水に弱い。その通りだと思います。そもそもなんでということなんですが、木は切った時に含水率が50〜150%ぐらいあるようで、それから水分量均一にしたり殺虫のためするため海に近い川に浮かべたりして、丸太スライス。自然乾燥で全体20%ぐらいにしてうちだと機械乾燥で5〜9%位にしてテーブル加工はじめます。というわけで人工大理石やステンレスと違い最初から水分が入る余地があるわけなんですね。なので湿気や気温で含水率が変わり、反ったり割れたりすると。それを防ぐために湿気が入りにくいセラウッドとかウレタン塗装に強度持たせたものを使用しているのですが、オイル仕上げやソープフィニッシュでも湿気は通します。呼吸という人もいますが、どちらにしろオイルでは完全には防げません。そんな理由で無垢板のオイル仕上げが乾拭き推奨と言われたのは水拭きをすることでオイル不足が起こるのと水分がしみこむことで起こる含水率変化で反りと割れが出るので、そのリスクを下げるため乾拭きにする。ということになります。かなりざっくりですが。mukute後半に続きます。オーダー家具・特注家具・家具修理・店舗内装キャビンインザルーム

PageTop