東京の特注家具・オーダー家具に関するブログです | 東京都文京区で特注家具・家具修理をお考えならキャビン・インザルームにお任せください。

CABIN in the room

ビジネスブログ

2017年11月05日 [リフォーム 家具修理]
いつも先日先日と書いているのでさっき納品のものを。お客様がカリンの座卓お持ちでしたのでご自宅リフォームに当たりダイニングテーブルにリメイクいたしました。karinちなみに花梨酒とかのバラ科のカリンとテーブルに使用するマメ科のカリンは別種で今はレッドブックに載っていて絶滅危惧種みたいです。そんな希少な樹を伐採するなんてと思う人もいるでしょうがちなみに私は伐採賛成派です。話すと長くなると思うのでまあそれは置いといてテーブルは色はそのままですが表面のツヤは艶出しの磨きですね。かっこよかったです。リフォームに形がついてから椅子探しになるようでしたが合う椅子は探すの大変でしょうね。 この前、四国の展示会行ってきました。木の種類は地方によって好まれる樹種は違いますね東京だとウォルナットや栃の一枚板などが比較的好まれる気がします。最近は赤い樹がでますが写真のカリンもそうですが欅とかいいですよね。逆にパドックという木ぐらい赤くなりすぎると東京の人にはあまり好まれないかもですね。サペリマホガニーみたいな少し赤いぐらいのほうが部屋に合わせやすいのでいいかなと思います。部屋に合う、椅子に合う樹種というのは難しいですね。個性的なものを選ぶときは一枚板メインで他の色を統一した方が引き立っていいと思います。

2017年11月05日 [東京 特注家具]
先日オーダー家具で納品した分の調整で行った時の写真です。tre写真の中央にランプが写ってますがご愛嬌で。ウォールナット板目・ウレタン塗装中央は扉で黒いスピーカーネットです。ウーファーの音とデッキ類の赤外線が通るようにしています。それから側面下にケーブル用の穴を開けており外付けのスピーカーが入る予定です。吊り棚の棚板位置が均等でないのは入るものが決まっているためです。特注家具ならこういうことできるのでオーダー品っぽいですよね。少しテレビボードの背が高いのはリビングソファとダイニングテーブルから見るためにこうしてます。解説以上です。 テレビボードは低いタイプのものと高いタイプのものがありますよね。ざっとH350のものとH750のものに分かれるかと思います。ソファメインで画面が大きいものは前者でダイニングテーブルから32インチぐらいの大きさで見るのが後者ですね。育った環境や好みによってこの辺りは観やすさ違うのですが、ヨーロッパは高いやつが比較的好まれているそうです。

2017年11月05日 [オリジナル家具]
明神型テレビボード解説続きです。さっそくちょっと違う話ですが大型テレビ安いですよね。50型4Kで5万円台とか。昔の常識だとテレビサイズはソファからテレビまでの距離(L2m)の3分の1がテレビ本体の高さ(H0.6m)でソファに座った時の目線(H1m)とテレビのセンターが同じになるようにテレビボード下げる(H0.4m)なんて教わりましたが、まあ大きくても慣れますし、好きな大きさは人による気がします。昔は30インチより大きいのは入れる予定無いって言われてましたがこうなっちゃいましたね。今後10年でテレビの下の収納部分って何になるんですかね。ビデオデッキ→DVDデッキ→ブルーレイ→HDDからのオンデマンドでデッキ持ってない人も増えましたね。通信も赤外線→ブルートゥースやワイファイで扉はガラスじゃなくてもよくなったりしてきて。そのうちテレビの下にある飾りとかになるのかな、なら機能性軽く見てみようかなって感じで作りました。この家具は前板一点豪華主義なイメージでそれ以外は安くてもいいような造りにしているんですが、せっかくのサンプルなのでいろいろ原価高い素材使ってみました。特注家具は前板が1枚とか一対が変わってると面白いですよね。個性出しやすいし。oriji長くお使いいただいて修理やリメイクするときに残るのは前板が多いので前板命で作ってます。全体の原価のかなりの部分が前板で、その次がメープルの無垢天板なぐらいこの前板は原価が猛烈にかかっているので少しでも下げるため自分で夜中に無垢磨いたりしてます。お客様がご自分でカーブ描いてみるのも面白いですね。ご興味ある方ご注文お待ちしております。オーダー家具・特注家具・家具修理・店舗内装キャビンインザルーム

2017年11月05日 [オリジナル家具]
オリジナル家具 明神型テレビボード和室に合う組子のテレビボードということで企画品です。描いている最中に鳥居の形に似てきたために完成時に明神型鳥居風テレビボード長いのでこの名前になりました。ちなみに中心がワイヤーマネージャーになってます。orijiフルオーダーなので名前はあんまり意味ないのですが、構成は@本体A天板B扉C鏡板の4つにオプションになります。材料は@A共通 突板・無垢板・メラミン化粧板・ポリエステル化粧板Aのみ 大理石・御影石・タイル・人工大理石・布貼・革貼・ガラス類・金属類・ミダスメタル・モールテックス・シート等B無垢板とガラスで無もあります。C組子・エッジングガラス・アイアン・左官材等からお好みで。写真のものはメープル無垢でセラミックス塗装。本体はスクラッチレスメラミンを使っています。組子は麻(魔除け)と胡麻(健康)のミックス タニハタさん。リモコン付きLED照明ついてます。後半に続きます。

PageTop